針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.11    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13.09.2012
comment:1
trackback:0
アルペン街道の旅 3
>> ハンブルクから
翌日は移動日。
アルプスの山々を抜けながら、オーストリアとの間を行ったり来たりしつつ、
目的地のオーバーアマガウへ向かいます。

P1080337.jpg

途中で立ち寄った、オーストリアの"plansee(プランゼー)"、プラン湖。
この時はあいにくの薄曇りでしたが、
晴れると、青い湖面がとてもきれいで、吸い込まれそうなほどでした。
山奥にもかかわらず、たくさんの人たちが訪れていて、
ビールやコーヒーを飲みながら、のんびりと風景を楽しんでいました。
ドイツ人の旅行の目的って、観光よりも、こういう自然の中で、
ただ過ぎゆく時間をゆっくりと楽しむ、という事が大きいようです。
私たちもそれにならい、天気で変わる湖の色や、
植生の違う植物達を眺めたりして、のんびりと過ごしました。

P1000730.jpg

その後、目的地のオーバーアマガウへ。
山間にある小さな、小さな村ですが、
10年に一度、村をあげて行われる、キリストの受難劇で有名な村。
こちらは村の中心の様子。
あんなに近くにアルプスの山が!
実はあの山の山頂には、大きな十字架があります。
中世にペストが大流行した頃、この村の人達はキリスト様に、
その災厄から村が無事逃れられるように祈ったそうです。
実際、村は一人の罹患者を出すこともなかったため、
キリストのご加護に感謝して、受難劇を村をあげて演じるようになったとか。
そのため、村の人達の信仰心はとても篤いようです。

P1000721.jpg

また、この村は歴史に名を残すフラスコ画の作家をたくさん輩出しています。
今も古い物、新しい物も含め、たくさんのフラスコ画が、
民家の壁や窓を飾っています。
宗教画はもちろん、赤ずきんちゃんなどの童話を描いた物もありました。

P1000749.jpg

これはこの日宿泊したペンションで頂いた夕食。
旬には少し早いですが、地物ということでジビエを頂きました。
この日のジビエは鹿肉。
ドイツ料理なので盛り付けは…なのですが、お味は抜群!
付け合わせはジャガイモを練りこんだショートパスタと、
クロケットと呼ばれる、ジャガイモフライ、つまりコロッケです!
どちらの付け合わせもジャガイモ。
さすがドイツですよね。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
- / 14.08.2014 / [ EDIT
   
   


 内緒にする
http://yukixxx.blog57.fc2.com/tb.php/564-c11ca327
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。