針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.03    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04.10.2011
comment:2
trackback:0
ブレーメン
>> ハンブルクから
娘の後追いが収まらず、PCが触れない日々が続いています。
ブログを更新できず、ごめんなさい。
今回も娘がご機嫌なすきを狙って、
先日訪れたブレーメンの写真をいくつか載せます。
素敵な町でした、ブレーメン。

1_20111004205559.jpg

1410年に建築されたゴシック様式の市庁舎と、
1042年に着工された、二本の尖塔が美しい聖ペトリ大聖堂。
この日は市民マラソンのゴール地点になっていたらしく、
すごい人ごみでした。

2.jpg

古い街並みを再現したベットヒャー通りにあった、
クリスマス飾り専門のお店。

3.jpg

所せましと飾られた品々は、一つ一つがとても可愛らしくて、
あれこれ欲しくなってしまいます。
このお店では以前から欲しかった、ドールハウス型のアドベントカレンダー
(写真で、棚の上に飾ってある物)を買ってしまいました。
ディスプレーの仕方などを参考にしつつ、
毎年、少しずつ各地方のクリスマス飾りを揃えていきたいなぁ。

4.jpg

町中には可愛い看板がたくさん。
これはブレーメンの音楽隊にちなんだ看板かな?

8.jpg

こちらは戦禍を逃れた、古い街並みがそのまま残っている、シュノーア地区。
狭い路地の両端には、手作りの雑貨や、手工芸品、お菓子やケーキを売るお店がびっしり。
どのお店も、とことん手作りにこだわった商品が売られていて、
見ているだけでも楽しいです。

5.jpg

6.jpg

あちこちにあったブレーメンの音楽隊をモチーフにした物たち。
お店によって、動物たちの表情が違ったり、色合いが様々だったり、
作った人の顔を想像するのも楽しいです。

9.jpg

その音楽隊の銅像は、市庁舎の横にちょこんとありました。
あまりにひっそりと立っているので、見落としてしまう方も多いとか。
このロバの足、なんだか色が変わっているのが分かりますか?
お土産を買ったお店のおばさんによると、
ロバの足を触ると幸せが訪れると言われているらしく、
みなさん触っていくため、塗装が剥げて地金が見えているんだそうです。
もちろん、私も娘もしっかり触ってきましたよ。

10.jpg

そして、我が家にもブレーメンの音楽隊がやってきました。
シュノーア地区にある、アンティークと手芸品を扱っているお店で見つけたもの。
80歳になるおばあさんが、一つずつ手作りしたフェルトの音楽隊。
びっしりと、見えないくらいの細かいステッチでかがられているもので、
店主が「もっとステッチを少なくしてもいいんじゃない?」って、
思わず言ってしまうくらい、丁寧に縫われたものだそうです。
こういった来歴を教えてもらえるのも、
手作りの品を扱うお店ならではですよね。

娘が産まれてから、なかなかゆっくりと買い物したり、
観光したりする時間がなかったので、
私にとって、この小旅行はとても楽しいものでした。
そして、そこまで成長してくれた娘の姿も嬉しいものでした。
お疲れ様です☆
ブレーメン、すてきな所ですね♪♪
お店の中もステキです。雑貨大好きなので、翠羽さんのお写真見てワクワクしちゃいました。
当たり前ですが、日本とは風景が全然違いますよね!?
翠羽さん宅のブレーメンの音楽隊、80歳の方の手作りなのですね~☆
ミィサ / 05.10.2011 / URL [ EDIT
ミィサさん
本当に素敵な町でしたよ~。
同じドイツの街並みでも、
地方によってやはり特徴があるんですね。
ブレーメンはメルヘン街道と呼ばれる一帯にあるためか、
おとぎ話からそのまま抜け出したような街並みでした。
並んでいるお店もどれも可愛くて、
雑貨好き、手作り好きにはたまらない町でした。
機会があればぜひぜひ!
我が家の音楽隊はおばあさんが作ったとは思えないくらい、
色合いもポップで、顔も可愛いんですよ~。
翠羽 / 05.10.2011 / URL [ EDIT
   
   


 内緒にする
http://yukixxx.blog57.fc2.com/tb.php/558-00906787
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。