針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.08    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20.07.2009
comment:6
trackback:0
戻ってきました
>> 日々のこと
先日、闘病中だった義母が亡くなりました。
余命を宣告され、その余命よりも長く生きてくれた義母。
至らないながらも親孝行する時間を作ってくれた、
義母と在宅看護スタッフ、病院スタッフの方々に感謝です。
安らかな最期で、家族親族ともに心穏やかに送ることができたと思います。

手作りが大好きで、手芸の先生だった義母は、
下手の横好きな私の作ったものを、「上手!作り方を教えて」と、
全てそのまま受け入れてくれました。
単純な私はそれを真に受けて、次は何を作っていこうかと、
少しずつ挑戦するジャンルを広げていくことができました。
義母から教わったことを、自分なりに形にするには時間がかかると思いますが、
これからもマイペースで、私らしい手作りを楽しんでいきたいと思います。
翠羽さん、おかえりなさいです!!
手先が器用なお義母様、きっと天国でも大好きな手芸をしてますよね。
これからの翠羽さんの作品を楽しみに見守ってくれると思います!!
心から御悔やみ申し上げます。
ミィサ / 20.07.2009 / URL [ EDIT
そうだったのですね~
順番だとしても見送る側も辛いものですよね。
今はまだ気が張ってる所があると思いますが、無理してお身体壊したりしないようにして下さいね。
そして旦那さんも気を落とされてる事と思いますので、お力になってあげて下さいね。

お義母さまの晩年は可愛い嫁と幸せな日々だった事でしょう。
ご冥福をお祈りいたします。
rain / 20.07.2009 / URL [ EDIT
大変でしたね。
お義母様の考え方、とてもすてきだと思いました。
どのジャンルでも優れた師と呼ばれる人は
柔軟で穏やかな方が多いなと感じます。
そういう素晴らしい手芸の先生がお近くにいらして
色々な刺激を受けあえたのは
翠羽さんにとってもお義母様にとっても
幸運なことだったのではないかと思います。

心からのご冥福をお祈りいたします。
Yukki / 20.07.2009 / URLEDIT
ミィサさん

お悔やみありがとうございます。
先に天国に行ったお婆さん(義母の母)も手芸の先生だったので、
今頃二人でお話しながらいろいろ作る算段をしてるのかな?
私は自分の好きなものしか作らないですが、
それでもこの手作りのご縁を続けていきたいなと思います。
翠羽 / 21.07.2009 / URL [ EDIT
rainさん

お悔やみありがとうございます。
実は余命宣告をされたのは一昨年で、そこから一年以内の余命宣告でした。
でもそこから二年超も生きてくれて、統計的にも5%以下の確率なのだそうです。
親孝行をする時間を作ってくれたたくさんの方々に感謝です。
お嫁さんとしては、至らない部分もたくさんあったと思いますが、
初めてのお嫁さんということで、とても可愛がってもらいました。
これからは義母が安心して天国で見守れるように、
しっかりとしたお嫁さんにならなくては!
翠羽 / 21.07.2009 / URL [ EDIT
Yukkiさん

お悔やみありがとうございます。
そうですね、先生と呼ばれて慕われる方は、
器が大きく、とても寛容な方が多いですよね。
義母もいろんな意味で寛容な人で、たくさん救われた部分があります。
自宅やお教室には義母が残したたくさんのものがあるので、
その思いをたくさんの方にお分けして引き継いでもらえたらと思います。
そして、いつか私も義母の残した物を形にできたらいいなと思います。
翠羽 / 21.07.2009 / URL [ EDIT
   
   


 内緒にする
http://yukixxx.blog57.fc2.com/tb.php/449-03311565
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。