針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.11    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10.05.2009
comment:10
trackback:0
母の日に
>> その他のチクチク / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
P1020631.jpg

家にいる時間が少なかったGWのお供として
"Thea Gouverneur's FLOWERS IN CROSS STITCH"より、
カーネーションを刺しました。
すっかり目が悪くなった義母のためなので、14ctのアイダーに、
指定とは違う2本取りで刺しています。
そのためか見本より色が濃く、しっかりとしたカーネーションになっています。

この本に載っているデザインは、ボタニカルアートが元になっているので、
デザイン化されたステッチというより、実物に近い植物画の雰囲気があります。
植物のありのままの姿を、しっかりと観察するのがボタニカルアートということもあり、
散り際のチューリップや、デザインとしては形が不揃いな物があったりもしますが、
たまにはそういうありのままの姿をステッチしてみるのも楽しいかもしれません。
この本からは近いうちに、また違うものをステッチしようと思います。

世界中の全てのお母さんに、感謝を込めて。
テア、1本刺しと2本刺しじゃ雰囲気が変わってみえますね。
1本だと水彩っぽくて溶け込み方がいいけれど、
2本もはっきりと存在感があって手にとりたくなる感じ。
ピンクの色合いがきれい!!

テアの本、迷ってるうちに買えなくなってしまいました(^^;
クロスステッチ本、ちょっと高いけど思い切りも必要ですね(-_-;;
りか / 10.05.2009 / URLEDIT
本物みたいで素敵ですね♪
まだ色付いてない蕾が可愛い。
私も去年フレメのカーネーションを刺したのですが、また違った感じでステッチも同じ花でもデザインや布・糸の違いで色々な顔を見せてくれるのを改めて感じました。
お仕立ては額装にされるのかしら?
お義母様とってもお喜びになられますよ~♪

rain / 10.05.2009 / URL [ EDIT
同じお花でも、デザイナーさんによって雰囲気が違い、刺す布目や糸によっても、また違った表情が表れるように思います。

心のこもった手作りのプレゼント。
お義母様、喜ばれると思います。
swan / 10.05.2009 / URL [ EDIT
わぁ~、すてき~~!!(≧∀≦)
私も同じThea本持ってるんですが、
なんとなく難易度が高そうで一度も刺したことがありません(^_^;)
本だと薄くて繊細な印象ですが、
二本取りだとぷっくりして私好み♪
そうか~、別に自分の好みで糸の本数変えてもいいんですよね。
(↑気づかなかった…)
こんなすてきな作品を贈られたお義母様、
さぞかしうれしかったのでは?!
Yukki / 10.05.2009 / URLEDIT
りかさん

私もこの本は買おうかどうしようか、かなり迷ったのですが、
臨時収入のあった直後だったので、
その勢いで買った記憶があります。
こういうものって、ご縁と勢いって大事ですよね。

1本取りの方がテアらしく、私も好みではありますが、
2本取りのこの感じもまた良いですよね。
ピンクのグラデーションなのか、絞りなのか、
この微妙な色がとっても綺麗ですよね~。
翠羽 / 11.05.2009 / URLEDIT
rainさん

実は私も蕾の部分が好きだったりします。
良いですよね、この色合い。
同じ植物をテーマにしていても、デザイナーさんや、
お国柄によって捉え方が違ってきますよね。
なかなか同じテーマのもので、デザイナーやメーカー違いって
刺さないので、あちこちでステッチャーさんのステッチを拝見して、
そういう違いを感じるのは、なかなか面白いですよね。

このカーネーションは、
義母宅にあった白い額がぴったりだったので、
額装といえる物ではありませんが、そのままシンプルな感じで
窓際に飾っています。
今度帰省した際にでも写真を撮ってきますね。
翠羽 / 11.05.2009 / URLEDIT
swanさん

こういったイベントに関するステッチは、
同じテーマやデザインで、違うデザイナーさんのものを
一時期にたくさん拝見できるので、
自分でステッチする以外の楽しみがありますよね。

おかげさまで、義母にもしっかり見えたらしく、
一番近くの窓際で楽しんでくれました。
翠羽 / 11.05.2009 / URLEDIT
Yukkiさん

Yukkiさんも同じ本をお持ちなんですね~。
どの植物も素敵ですよね。
私も2年ほど眺めるだけ、だったのですが、
余り布や糸でできそうだったので、トライしてみました。
Yukkiさんだったら、簡単にステッチできると思います。

テアは1本取りで繊細に、というイメージだったので、
2本取りに変更するのを最後まで迷ったのですが、
布もアイーダがあることだし、、、と変更してみました。
繊細な雰囲気は薄らぎましたが、
その分、お花の色彩をより楽しめるような雰囲気になったかな、
と思います。
おかげさまで、義母お気に入りの物を飾るコーナーに、
仲間入りさせてもらっているようです。
翠羽 / 11.05.2009 / URLEDIT
綺麗ですね!
ぎっしりしたピンクのポコポコな感じ(←変な日本語)が
本物のカーネーションみたいです。

お花も奇麗ですが、葉っぱもいい感じです。
カーネーションの葉っぱって控えめで可愛いですね。
すずこ / 12.05.2009 / URL [ EDIT
すずこさん

私も近い濃淡ではなくて、はっきりした濃淡で表された、
ポコポコの部分がとても素敵だな、と思います。
カーネーションの葉っぱって、とても不思議ですよね。
水草のような細さで、色も灰色に近い緑で。
こんなにカールして光合成はできるの?なんて
不思議に思ってしまいますよね。
翠羽 / 12.05.2009 / URLEDIT
   
   


 内緒にする
http://yukixxx.blog57.fc2.com/tb.php/430-ee0d3482
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。