針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.10    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07.05.2009
comment:6
trackback:0
今年の一番乗り
>> ベランダガーデニング English Rose / Theme:バラに恋して / Genre:ブログ
frame450818cc641f36e9b5e97a10fe55e75104e3ee01.jpg

今年も春バラの季節になりました。
今年の一番乗りは"シャリファ・アスマ"
とても、とても美しいバラです。

今年は天候不順。
暖冬のためか早くに葉や蕾が展開したかと思えば、
急な冷え込みで成長が止まり、弱ってしまった株も多数。
昨年、望まれた株をお嫁に出して、育てている株自体も減ったこともあり、
いつもに比べれば、寂しい春バラとなりました。
だからこそ、こうやって咲いたバラへの愛情はいつもより大きいかもローズ
今年の春の気候は寒かったり温かかったりがくり返しで、しかも気温差がすごかったので人間も植物も体調悪くしちゃいますよねぇ~(>д<;)!!
翠羽さん宅ではシャリファ・アスマが一番乗りだったのですかぁ~☆彡シャリファ・アスマは色合いも香りもイイ素敵なバラですよね♪

そぉ②我が家のシャルロットが開花しました~★去年弱ってたのでどぉなる事やと(+Д+;) でも②イングリッシュローズは一輪でも咲くと周りが明るくなりますよね(*>ω<*)
ミィサ / 08.05.2009 / URL [ EDIT
ミィサさん

そうなんですよね、今年は本当にお天気が不順で、
人も植物もタイミングを計り損ねちゃった感じです。
このシャリファは初めてお迎えしたERなので、
思い入れもたっぷり、な分余計に綺麗に思えるのかもしれません。

シャルロットは以前育てていたのですが、
環境が合わなかったのか、あっという間に枯れこんでしまって、
現在は我が家にいないのです。
あの淡い黄色の可愛いお花、大好きなだけに残念です。
ミィサさんのお庭ではどんな風にシャルロットが咲いているのでしょう。
また拝見させてくださいね~。
翠羽 / 08.05.2009 / URLEDIT
ページを開いた瞬間、わぁ~って言ってしまいました!
綺麗ですね、本当に。大好きな色です。

いつもより株が少ないとの事ですが
こんな美人さんがそばにいてくれたら、とっても幸せですね!

私はいまだに勇気がなくて薔薇を育てられずにいますが
ご近所の薔薇は順調に蕾をふくらませている様子です。
楽しみな季節になりましたね。

すずこ / 09.05.2009 / URL [ EDIT
すずこさん

やはり"ピンク"は、どんな世代になっても、
女性にとって特別な色のような気がします。
そうですね、株が少なくなっても、
こんな美人さんが側で笑っていてくれるから、
幸せな気持ちで過ごせるのでしょうね。

育てるのも勇気ですが、
環境や気持ちが整わないから育てないのも勇気だと思います。
自分にあったものを、責任の持てる範囲で。
これって植物に限らず、趣味や生活でもいえることですよね。
と、手を広げすぎてしまって在庫の山がある私には
とても耳が痛い言葉だったりもするのですがv-393
翠羽 / 09.05.2009 / URLEDIT
「自分にあったものを、責任の持てる範囲で」
紙に書いて、壁に貼っておこうかな。
いやいや、壁ではなくて在庫のつまった物入れの前に。

翠羽さん!気持ちの引きしまるお言葉をありがとうございます。

頑張りますっ!
すずこ / 11.05.2009 / URL [ EDIT
すずこさん

キャ~、私はそんなに格言めいた事を
言える立場じゃないんですv-393
もうアチコチに無責任な在庫の山があるんですから。
でも、植物や動物といった命があるものに関しては、
自分の限界をしっかりと確認してから、と思ってはいるのですが。
なので、いつも欲望とギリギリのラインで戦ってます。
翠羽 / 11.05.2009 / URLEDIT
   
   


 内緒にする
http://yukixxx.blog57.fc2.com/tb.php/429-df5ff6b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。