針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.09    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23.04.2009
comment:10
trackback:0
Royal Holiday 8
>> MIRABILIA Royal Holiday
P1020598.jpg

Nora Corbett (C) 2004 MIRABILIA DESIGNS


マントが完成しました~キラリラ
これで手に持ったキャンドルと、お顔のみにまりました。
キャンドルと髪は色飛び地獄。
でもどちらも小さいので、集中してステッチできる時間があれば、
それほど苦労せず完成しそうです。

キャンドルとお顔が完成したら、白のモヘア糸でのステッチ。
その前に一度お洗濯をしてから、一気にモヘアとビーズを付けようと思います。
モヘアをステッチしてからお洗濯だと、質感が損なわれそうな気がするのですが、
他のみなさんはどういった手順で完成されているのでしょう?
いや~美しいっ!!
Mirabiliaの女王様シリーズは、未完成でももう美しいですね。
いよいよ待望の美しいお顔が出るかと思うと
何度もいろいろなところで拝見しているデザインなのに
やはりとってもワクワクしてしまいます。
ああ、やっぱり次はまたMirabiliaやろうかしら…

それとモヘアや特殊糸の手順、
私もぜひ教えていただきたいと思っています。
私は特殊糸→ビーズ→軽く洗濯の順ですが
本当はどれが正しいのでしょうか?!(>_<)
Yukki / 23.04.2009 / URLEDIT
Yukkiさん

それぞれのデザイナーさんの特色って、
途中経過にもよく表れますよね。
MIRABILIAはどの女性も凛と伸びた背中と、
たっぷりとしたドレスで、お顔が出ていなくても、
美人さんだわ~という雰囲気が出てますよね。

私も最初は特殊糸、ビーズ、お洗濯という手順だったのですが、
ビーズが多い作品や、特に外側にビーズが出ている場合、
その周辺のシワが綺麗に伸びない場合が多々あったのです。
気にしなければ大丈夫なんですが、、、
そこはやっぱり作った人にしか、いや作った人だからこそ、
気になる部分になってしまって。。。
なので、今では特殊糸、お洗濯、ビーズ付け、の手順になってます。
もちろん、お洗濯の後にアイロンをかけて、
ステッチ周辺にシワを寄せないようにビーズを付け、
ビーズが全て付いたら、もう一度軽くアイロンをかけるようにします。
が、これって結構無駄な手順が多いんじゃ!?
と思ってしまうのですよねぇ。
翠羽 / 23.04.2009 / URLEDIT
腕や上半身が見えてきて、何となく全体像が想像できました♪
胸のブローチ(?)はやっぱりルビーの宝石かしら?
きっとお顔も清楚な感じなんでしょうね~
楽しみです☆

私は完成品洗濯しないですね~
糸の色落ちが怖いので・・・
でも長い時間掛かった作品はやっぱり洗わないとと思っていますが、ドキドキです。
翠羽さんは毎回キチンと洗濯されてるんですね~ 偉いです!!
rain / 25.04.2009 / URL [ EDIT
綺麗ですね~。
肩からキャンドルを持つ手にかけてのラインが美しくて
うっとりしてしまいます…。

私は洗濯は最後です。
特殊糸といってもラメ糸しか刺したことがないし、
ビーズは小さい作品にしかつけたことがないので。
でもこんなに大きな作品でビーズやモヘア…となると悩みますね。

編み物の場合は、素材によっては編んだあとにお洗濯すると
いっそうふっくらする場合もあるみたいですが…。

マントの縁に真っ白いふわふわ…。
本当に楽しみです!
すずこ / 27.04.2009 / URL [ EDIT
おお~ 進みましたね~
髪とリースのあたり、私はかなり苦戦しました(^-^;
単に色飛び嫌いってだけなのですが笑

洗濯、実は私はしません。
しても刺す前か、25番を刺し終わった時のみですね~。
特殊糸やビーズをつけた後は洗わず・・・
テグスやメタリック糸の周りに細かいシワがつきそうな気がして。
シルク糸や手染め糸の時も色落ちが怖くて洗えません~
なので、そういう作品はスクロールフレームのみで
絶対に汚さないよう、きついシワがつかないように
怯えながら刺しています笑
りか / 27.04.2009 / URLEDIT
再度Yukkiです。
私もビーズ周辺のしわ、
どうやって取ったものかと悩んでおりました。
ビーズを最後にすればいいんですね~!
目からウロコ、次回早速試してみます。
ありがとうございましたm(__)m
Yukki / 27.04.2009 / URLEDIT
rainさん

スクロールフレームにつけたまま撮影したので、
お待ちの全体像を撮るのをすっかり忘れてしまいましたv-388
DMCでのステッチが終わったら一度スクロールフレームから
外そうと思っているので、そのときにでも。

私もマントのブローチはきっとルビーだと思います。
周辺には金と銀のラメ糸に、大振りの金ビーズ。
とっても豪華なマント&ブローチなのです。
さすが女王様。

私も小さな作品はお洗濯しないのですが、
大きくて時間がかかった作品は、
一度軽くお洗濯するようにしています。
特に布色が薄いものとか、白糸の多いものなどは。
でも手染めの布や糸、段染め糸、などは色落ちが怖いので、
長時間かかった作品でもお洗濯はしないですね。
お洗濯して色がにじんじゃったら、、、v-406
想像するだけで恐ろしい事態です。
翠羽 / 27.04.2009 / URLEDIT
すずこさん

すっかり時期ハズレになってしまいましたが、
冬ならではのふっくらとした豪華マントは苦労しただけあって、
質感たっぷりの素敵なものになりそうです。

確かに毛糸などでは、完成後にお洗濯したり、
スチームなどをあてると、ふっくらすると聞いたことがあります。
モヘア糸は途中で細くなったり、急に毛玉があったりと、
ムラがあるものなので、お洗濯すると毛玉部分は
きっとイメージ通りのふっくらとした感じになるだろうなぁ。
と思いつつ、細い部分がどうなるのかが怖くて、
お洗濯の手順にとまどってしまいます。
一度余りの糸でステッチ後のお洗濯を試してみなくっちゃ!
翠羽 / 27.04.2009 / URLEDIT
りかさん

マントのベタ刺しに苦労していたので、
小さな色飛びならなんのその!って気分でいるのですが、、、
実際はまた泣きが入るんでしょうね、私の場合。

確かにテグスや特殊糸の上からアイロンをかけるのは、
ちょっと怖いですね。
私は布部分のにアイロンをかけて、ステッチ部分は、
直接アイロンをあてるのではなく、
スチームの蒸気だけをあてる感じにしています。
できればステッチ部分はふっくらと仕上げたいですものね。

シルクや段染め糸や布の場合は、
私もお洗濯が怖いので、汚れないよう、
短期間で完成するように気をつけます。
でも、やっぱりあちこち浮気しちゃうんですよね。
そういう場合は、、、汚れないように袋にいれて、
しばらく在庫の山でお眠りいただいてます。
翠羽 / 27.04.2009 / URLEDIT
Yukkiさん

スクロールフレームをお持ちならば、
アイロン後にビーズをつけても、
寄るシワは最小限ですむと思います。
たぶん正式な手順ではないと思うのですが、
MIRABILIAのようにビーズ付けが多い場合には、
どうしても綺麗にアイロンがかからないですよねぇ。
他のみなさんはどうなさっているのか、
すごーく興味があります。
翠羽 / 27.04.2009 / URLEDIT
   
   


 内緒にする
http://yukixxx.blog57.fc2.com/tb.php/427-81b510e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。