針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2010.12    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04.12.2010
comment:8
trackback:0
クリスマスマルクトがやってきた!
>> ハンブルクから
毎年11月末からクリスマスまで、ドイツ各地で開かれる、
クリスマスマルクト。
大規模なものから、小規模なものまで、様々な市が立っています。

大寒波が襲来していて、最高気温が-4度という中、
無謀にも生後一カ月を迎えた娘と一緒に、
ハンブルク市内のマルクトへ出かけました。

P1010329.jpg

ラートハウス(市庁舎)の中にも大きなツリーが出ていました。
金と赤でシックに仕上げられています。

P1010335.jpg

そのラートハウスのすぐ外に、ハンブルクのマルクトはあります。
今年、ハンブルクのマルクトは各地の手工芸をメインテーマにしていて、
ドイツ全土のマルクトの中から、ストアオブザイヤーを受賞したんだとか。
そのせいもあってか、開催直後の時間なのにすごい人!!!
やはりクリスマスって一年の中でも特別な行事なんですね。

P1010339.jpg

P1010341.jpg


伝統的な木製の屋台には、様々な手工芸品はもちろん、
クリスマス飾りを売るお店や、クリスマス向けの食品を売るお店、
パブ、レストラン、メリーゴーランドなどがあって、
小さな村がやってきたみたいににぎやかです。

P1010332.jpg

マルクトの中はいくつかのストリートに分かれていて、
その各ストリートの上には、電線のようなものがめぐらされています。
これは何?と思っていたら、すぐ頭上をおもちゃの機関車が走っていきました。
他にもソリに乗ったサンタさんが、クリスマスの由来を話しながら飛んだりと、
様々な仕掛けが各ストリートにあったようです。

夜にはさらにライトアップされたツリーや、仮装行列などもお目見えするんだとか。
さすがに、この寒さの中、新生児連れで夜に出かけるわけにはいきませんが、
帰国するまでには、一度夜のマルクトも体験してみたいものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。