針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2010.04    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28.04.2010
comment:6
trackback:0
Adia, The Garden Fairy 6
>> MIRABILIA Adia, The Garden Fairy
P1040329.jpg

Nora Corbett (C) 1998 MIRABILIA DESIGNS


ひたすらドレスを上へ上へ。
胸付近まで出てきて、ドレスもあともう少し。
そろそろ横に広がる羽根も気になってきましたが、
まずはドレスを完成させてからかな。

いよいよGWですが、みなさんはどのように過ごされますか?
私はひたすら家でのんびり。
ですが、見ないふりをしていた家事に追われそうな予感が。
息抜きのステッチを楽しみにがんばろうと思います。
スポンサーサイト
21.04.2010
comment:2
trackback:0
一息
>> 日々のこと
P1000053_20100421154717.jpg

今週はなんだか訳もわからないまま忙しく、家にいてもゆっくりできません。
こんな時期もあるわよねと諦めて、今週はステッチもお休みです。
ステッチできないと、刺したい意欲が上がってきて、
次、刺せる時間ができた時にはスイスイ進むような気もします。
でもでも、そういう時期って頭の中で妄想ステッチが進んで、
次々に新しく刺したい物が浮かんだり、
新しく購入したい物が増えたりと、危険な時期であったりもします
14.04.2010
comment:2
trackback:0
Adia, The Garden Fairy 5
>> MIRABILIA Adia, The Garden Fairy / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
P1040328.jpg

Nora Corbett (C) 1998 MIRABILIA DESIGNS



早朝に撮影したので、少し白飛びしている感は否めませんが、
今回ステッチした部分はダークな色が多かったので、
こういう方法だと、少しは糸色が写るかな?
妖精さんが手に持っている植物?それともトレジャー?
よく分かりませんが、とにかく普通糸+ビーズ+ラメ糸でできている、
豪華な豪華な物の一部と、足元の植物が出来て、
チャートの下半分が完成です。
完成イメージでは分かりませんでしたが、手に持っている物にも、
ピンクのお花が入っていたのですね。
これはドレスのアクセントとした入った糸と全く同じ色を使っているのですが、
配色の仕方でこれだけ印象が変わるのですね。可愛いです。

続いていよいよ大きなラメの羽根がまつ上半身へと進めていきます。
09.04.2010
comment:6
trackback:0
Adia, The Garden Fairy 4
>> MIRABILIA Adia, The Garden Fairy
P1040327.jpg

Nora Corbett (C) 1998 MIRABILIA DESIGNS


ドレスの下半分がほぼ完成。
一部だけ入るピンクの模様?がとても良いアクセントですね。
久しぶりの黄色以外の色も嬉しかったです。
複雑でたくさんあった穴あきも、全体が繋がってくると、
ここに宝石のようにビーズやラメが繋がるのね、
とイメージできて楽しみになってきました。
この後もう少しドレスを刺し進めて、横にある植物の一部をステッチすれば、
チャートの下半分が完成となります。
05.04.2010
comment:4
trackback:0
猫の公園
>> 日々のこと
土曜日。
起きてみるととっても良いお天気!
桜も満開。
ということで、お弁当を作って、近くの自然公園へお花見に。
以前ご紹介した、人造のつり橋がある公園は、
本当の山をそのまま使った自然公園ですが、
今回行ったのは、広い広い丘陵をいろいろなテーマ別に整備した、
自然公園です。

P1000072.jpg

雪柳もそろそろ終わりの季節。
雪柳が群生している雪柳の丘では、白い枝が風に揺れて、とても綺麗でした。

P1000093.jpg

あちこちに植えられている桜も見事に満開。
桜、梅、桃、杏などが植えられている樹木の園には、
たくさんの花と花吹雪、忙しそうに飛び回る蜜蜂が。
広い広い公園なので、たくさんいるお花見の人にもあまり会わず、
まるで山の中でお花見をしているかのように静かです。

P1000087.jpg

水生植物が植えられている回廊の先には、
子供達が自由に入って遊べる、ビオトープがあります。
嬉しそうに駆け回り、魚や水生の昆虫を手に取る子供達がたくさん。
そんなにいじって、お魚さん大丈夫?なんて思ってしまいましたが、
みんな、じっと観察したり、お父さんに質問したりした後は、
きちんと元の場所へ大事そうに戻していました。
みんなが大事にしている物、こうやって子供にも伝わっていくといいな。
寒さに弱い金魚や鯉は養生池でお休み中でしたが、
この日は暖かかったので、元気そうにスイスイと泳いでいました。

P1000114.jpg

そして、そして、私達がこの公園へ行く最大の目的。
それがこの公園にいるたくさんの猫ちゃん!
元は捨てられた猫で、一時期は捨て猫の数も、公園で繁殖する数も増え、
市が処分を考えるなど問題になっていました。
でもその頃にはこの公園と猫ちゃんは切り離せないほど、
市民に愛される存在になっていて、市民が捨て猫を増やさない活動をするとともに、
公園にいる猫ちゃんには去勢手術を行い、これ以上数が増えないようにすることで、
今のまま、公園に猫ちゃんが住めるようになりました。
今でも市民の有志が公園の猫ちゃんの健康管理と、数の把握をしていて、
新たに捨てられた猫ちゃんには、里親を探す活動をしています。
もちろん、公園を利用する人は、これ以上猫の数を増やさないルール、
お弁当やお菓子などを与えて、他の捨て猫を呼び込まない、や、
可愛いからという理由だけで持ち帰り、飽きたらまた捨てるという悪循環を起こさないために、
公園の猫を飼い猫として持ち帰らない、などを守る義務があります。
でもこれもビオトープと一緒。
みんなで大事にしたい場所、物があるという気持ちが強ければ、
それは自然にみんなの心に広がっていく物だと思います。

P1000118.jpg

そんな経緯があるからか?ここの猫ちゃんが人が大好き。
半野良なので、もちろん警戒心はありますが、
こちらが危害を加えない存在だと分かれば、マイペースにのんびりしています。
人に撫でられるのが好きな子、写真を撮られるのが好きな子、
子供と遊ぶのが好きな子、触られるのは嫌だけど人の側にいるのが好きな子。
このきじ猫ちゃんは、近づくと逃げるのに、離れるとまたついてきて、
目が合うと物影に隠れてしまうというシャイな猫ちゃんでした。
何か人間に嫌なことをされた過去でもあるのかな?
この公園で少しでも人間のこと、好きになってくれたら嬉しいな。
01.04.2010
comment:2
trackback:0
Adia, The Garden Fairy 3
>> MIRABILIA Adia, The Garden Fairy / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
P1040322.jpg

Nora Corbett (C) 1998 MIRABILIA DESIGNS


昨日は一日お休みだったうえ、旦那さんが飲み会だったので、
晩御飯いらず。。。
とういうことで、一日好きなことをして過ごしました。
おかげでステッチも一日で結構進んだ、、、ような。
久しぶりにお昼のうちにステッチが終わったので、
自然光の下で写真が撮れました。
うん、実際の布色に一番近いです♪
もう少し若草色が良く出ると、実物と同じなんだけどな。

ここから右へ少し進むと裾部分が終了。
MIRABILIAにしては珍しく、ドレスのボリュームが少なくて、
上半身、特に羽のボリュームが多いデザインです。
その羽はほぼラメ糸でできているので、ここで苦戦するのかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。