針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2009.01    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29.01.2009
comment:4
trackback:0
Kitten Reflections 1
>> その他のチクチク
ここ数日、泊りがけでの私用が続いています。
泊りがけといっても、徹夜でお仕事!とかではなく、
一日に数回私が必要という程度なので、時間はたっぷりあるのです。
が、これほど連日だとは思っていなかったので、
時間つぶしの道具が本しかなく、その本も初日に読破。
そうなるとやっぱり恋しいのはステッチです。
刺しかけのフレメを持ってきていたら、ちょうど良かったのに。。。

で、買い物に出かけたついでに立ち寄った小さな手芸店で、
ついついキットを買っちゃいまして、今はこちらをチクチクしています。

P1020384.jpg
(C)2007 Dimensions Crafts LLC


Dimensionの GOLD COLLECTIONはいくつか持っていますが、
実は実際に刺すのは始めて。
ご存知の通り、みっちりと全面ステッチなので小さいけれど、
長く楽しめそうです。
クロスステッチとハーフステッチが半分ずつくらいあるので、
今回はどちらも同時進行で埋めていくことにしました。
1本取りのすぐ横に、濃い色の6本取りでステッチなど、
なかなかびっくりするような配置があったりするのですが、
これが太さでの立体感につながっていたりして、面白いです。
スポンサーサイト
24.01.2009
comment:6
trackback:0
Royal Holiday 5
>> MIRABILIA Royal Holiday
P1020376.jpg

Nora Corbett (C) 2004 MIRABILIA DESIGNS


普段なら週末はステッチはお休みなのですが、
現在旦那さん出張中&普段のステッチ時間が激減中なので、
今日は一日MIRABILIAをステッチしています。

といっても、赤ベタの大きい部分なので、なかなか進みません。
裾に広がるマントの大きさは覚悟していたのですが、
一色で刺すカウントがとっても大きいので、
同じ色でもどこまでを1カットの糸で刺して、
どこで次の糸に継ぐか、なんて余計な事を考えてしまいます。

明日からはまた家をしばらく離れなくてはならないので、
MIRABILIAはお休み。
そうなるとなんだか、今はとってもMIRABILIAが刺したいのよ!!
と思ってしまいますv

トールローズ お知らせトールローズ 
   最近スパムコメントが多いので、
   コメント投稿の際に、認証キーが必要な設定に変えました。
   お手数をおかけしますが、ご協力くださいね。
21.01.2009
comment:10
trackback:0
布絵に挑戦
>> その他 てあそび
P1020385.jpg

またまた悪い癖が出てしまい、浮気の虫が騒いでいます。
といっても、今回はステッチの浮気ではなく、布絵というものに。
これはカルトナージュの和風額絵といった感じのもので、
型紙をカットして、そこにスポンジで厚みをもたせたものに、
ちりめんを張ったパーツを作成し、組み合わせるというもの。
これはそのパーツが完成したところ。
これを組み合わせると、、、

P1020386.jpg

貝合わせの桶になります。
額の大きさは7センチ四方なので、
パーツの大きさはミニチュアサイズ。
でも、やっぱりこういう小さい工芸系好きなんですね。
一枚のちりめんから取っているので、内側に張り込む分を見越しての
柄合わせが結構大変でした。
本当は牡丹をもっと左隅に寄せて、右に空間を作りたかったのですが、
初めてのトライなので、そこまでは余裕がありませんでした。

この額、3連の窓があるものなので、
あと2つ"春"の額絵を作ってみたいと思います。
19.01.2009
comment:10
trackback:0
April 2
>> Haandarbejdets Fremme カレンダー / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
フレメは枠なしで刺すということで、
どうやったら握り手側にシワが寄らず刺せるの?
と、いまさらながらに思いながら刺してます。
とりあえずは、クルクルと丸めて持ってます。
まるで巻物でも持っているみたい。

P1020389.jpg
(C) HAANDARBEJDETS FREMME DANMARK 1989
DESIGN: Vibeke Olris


色合いだけ見ると、なんだか夏の地中海?っていうデザインです。
この先、お花が咲きますがそうなるとよりいっそうそんな雰囲気に。
その前に、点々と空を刺してます。
これ結構時間と手間がかかります。。。
旦那さんには「雨降らしてるの?」といわれちゃうし。
今刺しているのは晴れた空ですよー。
で、右上と中央右隅に少しだけ出ているハーフステッチが、
日に透けたカーテンです。
空もカーテンもほぼ同色なので、みわけにくいですが、
この先ステッチが進むと、どういう風に見えてくるのか楽しみです。
15.01.2009
comment:6
trackback:0
というわけで
>> Haandarbejdets Fremme カレンダー / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
CAGP4ICG.jpg

1989年のフレメカレンダーより、4月を刺し始めました。
窓から見える、青い海と小高い丘の風景です。
しばらく家でゆっくりできなくなりそうなので、
MIRABILIAは少しペースを落として、小さな作品を刺していきたいと思います。
13.01.2009
comment:10
trackback:0
遅ればせながら
>> その他のチクチク
他のみなさんに倣って、今年のステッチ目標をたてようと、
帰宅してから今まで、在庫を整理していました。
すると、出てくる、出てくる在庫の山たち
今年は手元にあるものを少しずつ形にしたいと思います。
 フレメ
P1020381.jpg

どちらも窓から見える風景がデザインされたカレンダー。
刺したいデザインがいくつもあるカレンダーなので、
少しずつステッチしていきたいと思います。
あとは、密かに増殖中のマス・ステイユさんの鳥さんシリーズ。
これも元はカレンダーだったのですよね。
12ヶ月分あるうちの、7か月分が手元にあり、形にしたのは2ヶ月分。
こちらはコレクションを続けつつ、ステッチしてきたいと思います。

 特殊布
P1020382.jpg

少し違う雰囲気のステッチをしてみたいと思い、
数ヶ月続けていたのが、"Silkweaver"のmonthly シリーズ。
それで集まったムラ染め布や特殊布の在庫がご覧の通り。
monthlyは自分で色を選べないので、使いにくそうな色もありますが、
たまには冒険してみるのも悪くない、、、かな?

 L&L 四季の天使シリーズ
P1010443_20090113204645.jpg

春・夏・秋は早々と手に入れていました。
(秋の天使は使用する特殊糸まで)
最近、冬の天使を譲っていただいたので、これで四季コンプリート。
大きなドレスを持つ天使様で、時間がかかりそうですが、
せっかく四季が揃ったので、数年がかりの計画で刺していきたいと思います。

 MIRABILIA
そのほか、今まで購入したままで整理していなかった、
布、ビーズ、特殊糸などを整理したところ、
材料が全て揃い、今すぐ刺し始められるMIRABILIAがなんと5点も!
昨年までは自分の中の小さな目標として、
ステッチ初心者の頃に購入したキット(=布がアイーダ)を消費する
というのがありました。
これは今刺している"Royal Holiday"で達成されるので、
次はこの材料が揃っているものを消費していきたいと思います。

 HAED
こちらも在庫のチャートを消費するのが目標。
今年一年で完成させるのは無理ですが、
間を空けると目の小ささに慣れるのにまた時間がかかってしまうので、
長期計画で、他のステッチと上手にかけもちしたいと思います。
現在、次に刺すデザインを選択中。

と欲張ってみましたが、、、
この中からいくつ形になったものをみなさんにご紹介できるでしょうか。
まだまだ、以前に比べて時間がない状態が続きそうなので、
上手に時間を作り、活用できるようにしていきたいと思います。
07.01.2009
comment:14
trackback:0
年の初めはHAEDで
>> HAED Autumn Leaves / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
新年、明けましておめでとうございます。
予定を少しだけ変更して、昨日帰ってきました。
ゆっくりとお休みを満喫した分、
しばらくはアレコレがんばらなくてはなりませんjumee☆Feel Depressed4
今年もマイペースで好きなことを楽しんでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

さて、、、年末に、急遽知り合いの展示会に出展することになったため、
"Autumn Leaves"を額装してきました。
P1020379.jpg

Heaven and Earth Designs (c) Linda Ravenscroft 2005


急な依頼で、額をオーダーする暇がなく、店頭にあったもので額装したので、
イメージとは違うシンプルな金の額となりました。
P1020380.jpg

額の一番外側は、くすんだ色合いになっていて、
これが日中はくすんだ金色、夜には下地が透けて緑の混じった金色に見えます。
どちらもなんともいえない複雑な色合いで、
中のステッチの見え方まで違ってくるから、不思議です
マットはベージュのベルベットで、ステッチの背景と同じくムラ染め風のもの。
このマット廃盤なのだそうで、これが最後の一枚だったそうです。
合わせやすい色と使いやすい柄だったので、残念です。
内側には彫金を段加工で。
額もマットもくすんだ色合いが多いので、彫金は加工なしのクリアな金にしています。

最初はデコラティブな金の額をイメージしていたので、
シンプルすぎだわ、、、と思っていたのですが、
ステッチに様々な色が使われているぶん、額はシンプルでも、
というアドバイスもいただき、今はこれで満足しています。
それに、額は後から変える事もできますしね。
すっかり落ち葉の季節は過ぎてしまいましたが、
リビングに飾って楽しんでいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。