針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2007.03    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29.03.2007
comment:12
trackback:0
開花宣言
>> 日々のこと
ご近所のお花の先生から、桜をいただきました。
「啓翁桜」という種類で、真冬に花を咲かせるため、
お正月のお飾りなどによく使われる品種です。
房咲とまではいかないものの。
小さな可愛らしい花を枝いっぱいに咲かせてくれます。
ダイニングに飾って、
一足早い春(今年はこの言葉が当てはまらない?)を楽しんでいます。
そろそろ身近でも、桜の便りが届く季節ですね。

P1000932.jpg

スポンサーサイト
27.03.2007
comment:15
trackback:0
Crystal Symphony 1
>> MIRABILIA Crystal Symphony
P1000938.jpg

Nora Corbett (C) 2007 MIRABILIA DESIGNS


月曜日から始めました、Crystal Symphony。
この二日間の経過です。
布はこうやって撮影すると、イメージ通りのグレーに写るようです。
お店で見たイメージとの差の原因が、少し分かった気がします。
実物はかなり濃い青緑といった印象がぬぐえません。
ドレスも全体的にブルーグレーのイメージだったのですが、
実際は青いドレスといった感じでしょうか。
チャートを手にして、実際刺してみないと分からない部分って、
結構ありますよね。

ハイライト部分は全部白糸です。
糸の汚れが気になるので、白糸は最後にと考えていましたが、
あまりにもハイライト部分が大きく、多いため、
同時進行で刺すことにしました。
カウント間違いが怖いんですもの。
今回の白糸の使用量は3枷。
これって、「白地獄だぁ~」と言っていた、
あの「The Wedding」と同じ使用量のような…。
引き続き、中央から下へ向かって進んでいきまーす。
26.03.2007
comment:8
trackback:0
新作スタート
>> EVA ROSENSTAND シルエットデザイン
刺しかけのものが片付いたので、今日から Crystal Symphony を始めました。
まだご報告できるほど進んでいないので、
明日の夜くらいに第一弾をUPしようと思います。
あの濃い布と、白黒はっきりとしたドレスが、どのように仕上がるか、
ちょっとドキドキしています。

その前に…、以前母から頼まれて刺していたEVAのシルエット。
母へ渡す分は完成していたのですが、写真を撮る機会がないまま
お嫁入りしていってしまいました。
もう一つ、同じものを自分用にと思い、この週末にチクチクしました。

P1000937.jpg

(C) EVA ROSENSTAND


黒糸部分が全部刺し終わった状態です。
スカートの膨らみが大きく、実際にXXXする部分はとても少ないです。
この後、スカートに黄色の模様を入れて、
手に花束を持たせれば、完成です。

P1000942.jpg

スカートの黄色い模様があまりはっきりしませんが、
黒で刺した、レースのような模様にインパクトがあるので、
これくらい目立たない方がいいのかもしれません。

P1000944.jpg

以前、まとめ買いしておいた額に入れました。
二つ向かい合わせのシルエットデザインにしてみました。
少し背伸びした大人の雰囲気と、少女の可愛らしさが同居する、
「乙女」のワンシーンを切り取ったような、
本当に素敵なデザインですね。
23.03.2007
comment:13
trackback:0
The Easter Fairy 3
>> MIRABILIA The Easter Fairy
P1000919.jpg

Nora Corbett (C) 2006 MIRABILIA DESIGNS


クロスステッチ部分が完了したところです。
今回、私のキットに入っていた段染め糸は、
はっきり色差が出るタイプではなかったらしく、
全体的に段染めの雰囲気が出ない仕上がりになってしまいました。
特に青いリボンの部分は、グラデーションが欲しく、
何回か刺しなおしたのですが、やっぱりうまく出ませんでした。

P1000921.jpg

BSとビーズを入れて完成です。
ビーズが点在しているところ、、、カウントするのが大変で、
途中、足元の部分は省略しようか!?なんて考えてしまいました。

P1000922.jpg

手に持った卵からキラキラと溢れる光。
弧を描くようにスカート部分にも散りばめられています。

P1000923.jpg

問題の足元部分。
雪じゃないんだし、なくても…なんて思いましたが、
これがないと少し足元が寂しいかしら??

キリが良いので、来週から Crystal Symphony に取り掛かろうと思います。
22.03.2007
comment:4
trackback:0
ちょっと一息
>> ベランダガーデニング 春~夏のベランダ
たまにはクロスステッチ以外のお話。

ここのところ冷え込みの厳しい日が続いていましたが、
今日から少しずつまた春らしい暖かさになるようですね。

P1010012.jpg

クロッカスの青花と白花。
球根では色差が分からず勘で植えたのですが、
適度にばらついて植えられたようです。
青花の方が早めに散ってしまう気がするのは、私の気のせい?

P1010010.jpg

以前の日記でご紹介した時、休憩中だったパンジー。
しっかりお休みして、今はこんなに元気に咲いています。
2鉢しかないのですが、すごいボリュームに育ちました。

P1010013.jpg

咲いている間に、いろいろな色に変化していくタイプです。
自分では思いもよらない色合いの寄せ植えになるので、
毎日その変化を見るのが楽しいです。

暖冬で、春と勘違いして花を咲かせたため、
少し弱ってきている株もあるので、そろそろ新しい苗を植えて、
リフレッシュをはかろうかな。
20.03.2007
comment:4
trackback:0
The Easter Fairy 2
>> MIRABILIA The Easter Fairy
P1000914.jpg

Nora Corbett (C) 2006 MIRABILIA DESIGNS


残りのクロスステッチ部分は、
スカート裾と頭にある青いリボン、羽の外側だけです。
羽の内側はラメ糸で、白地にピンク~紫が入った、オーロラのような色合いです。
パッケージなどの画像だけで見ていたときは、この部分はもっと濃い赤紫で、
そこが少し浮いているような気がしていました。
こうやって刺してみると、優しい色合いで全体の雰囲気とマッチしているように思います。
20.03.2007
comment:12
trackback:0
準備万端
>> MIRABILIA Crystal Symphony
Mirabiliaの Crystal Symphony 届きました!
P1000935.jpg

うーん、やっぱり素敵
想像していた通り、シャンデリア部分はほぼビーズという、
クロスステッチなのか、ビーズ刺繍なのか、微妙な感じです。笑

P1000934.jpg

布・糸・ビーズ・ラメ糸、全て揃ったので、
刺しかけのイースターちゃんを仕上げたら、取り掛かろうと思います。
ところでこの用意した布、
指定通りの 32 count Stoney Point linen (Wichelt )なのですが、
なんとなく緑が強いような気もします。。。

19.03.2007
comment:10
trackback:0
The Easter Fairy 1
>> MIRABILIA The Easter Fairy
P1000913.jpg

Nora Corbett (C) 2006 MIRABILIA DESIGNS


去年の5月に購入したものの、イースターが過ぎていたため、
そのまま眠っていたこのキット。
やっとイースターが巡ってくるということで刺し始めました。
3時間ほどでここまで進みました。
あれ?とっても刺しやすい。
ステッチカウントが小さいということもありますが、
色がまとまっているし、色換えも少なくて、スイスイ進みます。

手元に材料が揃い次第始めようと思っている、
Mirabiliaの Crystal Symphony が近々届く予定なので、
それまでにMirabiliaエンジンを温めておこうと思います。
16.03.2007
comment:18
trackback:0
BULLFINCH 2
>> Haandarbejdets Fremme BULLFINCH
P1010007.jpg

BULLFINCH (C) HAANDARBEJDETS FREMME DANMARK 1993
DESIGN MADS STAGE


BULLFINCH 完成しました。
枝にとまっている足の部分や、尾や羽の表現が細かくて、
こだわりを感じたデザインでした。
木の実は黒っぽく見えますが、濃紺の糸で刺しています。
枝部分の色味が抑えてあるので、鳥さんが引き立ちますね。
このシリーズは、季節ごとにいくつか並べて飾ろうと思っているので、
今は特に仕上げなどせず、このままお仲間がそろうまで、
お休みしてもらおうと思っています。
が…。
通し番号の順に並べるとすると、、、同時に買った他のキットは、
夏~冬にかけてのものなので、番号が一番若いこのデザインは、
最後までお休みってことになるのかしら。。。
15.03.2007
comment:10
trackback:0
BULLFINCH 1
>> Haandarbejdets Fremme BULLFINCH
刺しかけのテレサさんの"Tapestry Cat"ですが…。
実家の猫が亡くなったため、少しお休みすることにしました。
17年も生きた老猫だったので、別れは悲しいけれど、
そんなに長く側にいてくれたことを感謝する日々です。

それでも、止められないのがクロスステッチ。
暇さえあれば、どうしても手を動かしたくなりますよね。
そんなわけで、始めたのがこの前届いたフレメ。
初フレメなんですが、花糸の刺しやすさと色合いに、
うっとりしながら、楽しんでいます。

P1010004.jpg

BULLFINCH (C) HAANDARBEJDETS FREMME DANMARK 1993
DESIGN MADS STAGE


1993年フレメカレンダーの表紙でお馴染みの、BULLFINCH です。
「赤うそ」というだけあって、お腹がフルーツのような色合いです。
ぷっくりとした形もとっても可愛いですね。
手元にカレンダーがないので、
それぞれがいつの季節をイメージしたデザインなのか
不明というのが、少し心もとないです。
が、たぶん通し番号の順なのよ、きっと、と思っています。
13.03.2007
comment:12
trackback:0
京都へ
>> 日々のこと
何かと忙しい日々が続くこの頃。
いつもならそれに忙殺されてしまうのだけど、
旦那さんが月曜日に急遽代休を取ってくれたので、
私も一日、仕事のことを忘れて、
久しぶりに京都へ遊びに行ってきました。
いつもは仕事で京都へ通っているのですが、
遊びに出ると、見慣れた風景もまた違った楽しさですね。
昔住んでいた地域や、通っていた大学を訪れて、
しみじみしてきました。
ちなみに、旦那さんは大学の先輩でした。

冬のような寒いお天気でしたが、
そういうお天気だと、余計にあぁ京都だなぁと思ってしまいます。

P1000909.jpg

寒い日は、温かいお茶に限りますね。
三条にある梅園で、久しぶりにみたらし団子を食べました。
このお団子、小さな四角のお餅が串に刺さっていて、
とても食べやすいんですよ。
炭焼きの香ばしさと、甘すぎないタレが絶妙で、
焼きたてのお団子は何本でも食べれてしまいます。
キケン、キケン。
09.03.2007
comment:12
trackback:0
Autumn Leaves 25
>> HAED Autumn Leaves
P1000874.jpg

Heaven and Earth Designs (c) Linda Ravenscroft 2005


95日目です。
三段目、右端のチャート半枚分が完成しました。
相変わらず背景と葉っぱが少しだけの部分なんですが、
その前に羽の激烈色飛びを経験したためか、
なんだかとってもスイスイ進んだ感じがします。
今週は針を持つ時間がいつもより少なかったのですが、
この錯覚のおかげで、ペースダウンせずに5日で完成したのかも。
ちなみに、HAEDに関しては30分以上針を持った場合、
1日とカウントするようにしています。
といっても、一旦針を持てば30分以内に終わるなんてこと、
ないんですけどね。

期末ということもあり、少し忙しい日々が続くので、
チャート一枚分の部分に進まず、
このまま、チャート半枚分の部分を仕上げてしまおうと思います。
06.03.2007
comment:14
trackback:0
ポチ、ポチ2
>> お買い物
続いて届いたのはこちらのキット。

P1000904.jpg

フレメのキット4点です。
以前から探していた1993年のフレメカレンダー。
今では廃盤になってしまい、入手困難です。
それぞれがキット化されたものがあるのですが、
フレメやバーマンの取り扱いがあるお店にお尋ねしても、
「こちらのキットは、日本への入荷が契約でできません」
という答えばかりで、半ば諦めていたものです。
デンマークのお店で買い、
それを日本へ送ることは、契約上可能です
という有難いお店とご縁があって、やっと入手できました。
デザインは、EVAなどでおなじみの
Mads Stage(マス・ステイユ)さんです。

P1000901.jpg

P1000902.jpg

P1000903.jpg

赤いシールのついている3点と、中段写真の左上、
LN 306564 を購入しました。
(↑はパッケージが同じなので省略)
せっかくなので、残りの8点も揃えたいと思います。

しばらくはHAEDの合間の息抜きとして、
小さめのものをあれこれ刺そうかな。
04.03.2007
comment:16
trackback:0
ポチ、ポチ 1
>> お買い物
去年はHAEDがメインだったため、
来月あたりから違う作品で息抜きをしようと、
お願いしていたものがあちこちから届きました。

P1010002.jpg

 "Lady of the Mist"#93        The Feather Fairy" #83

おなじみのMirabilia。
バラの季節を前に、自分の気持ちが盛り上がってきている最近、
Mirabiliaの新作は見逃せません。
それから、以前から気になりつつも入手していなかった妖精さん。
このピンとした姿勢と、美しいスカートが刺したくて、刺したくて。
次回作は「The Feather Fairyに決定!」なんて、
火曜日のmixiオフで豪語していた私ですが、
プレオーダーの連絡が入った時点で、一瞬にして心を奪われたのが、
最新作のこちら。
crystal.jpg





"Crystal Symphony"#94

Mirabiliaから直接の画像掲載許可をもらうのに時間がかかっている間に、
正式発表になってしまいました。
シルバーのドレスと、アクセントのバラ。
美しい横顔に、細い腰、流れるドレスとリボン。
全てがツボでした。
正式発表前に、目にしてしまったため、大興奮して、
その勢いで電話してしまったお友達に、迷惑をかけてしまったほど。笑
週明けにでもオーダーをして、届き次第とりかかりまーす。

P1010003.jpg

こちらもおなじみ、Mirabiliaの限定キット第5弾。
ルリシジミのような羽と、美しいドレスが印象的です。
ただ時期的には…。
今年の年末用かな。

この他にも届いているものがありますが、
長くなりそうなので、次回ご紹介しますね。
01.03.2007
comment:16
trackback:0
Autumn Leaves 24
>> HAED Autumn Leaves
いつもならHAEDは週五日、
月~金で刺すのが私のパターンです。
土日は旦那さんがいて、一緒にダラダラしちゃうし、
週五日と決めていると、制作日数もカウントしやすいかな、と。
今週火曜日にmixiの方々と会うことになっていたので、
火曜日はきっと疲れて刺せないわと、
代わりに日曜日もチクチク。
ところが、ところが。
火曜日、実際にHAEDの途中経過を見せていただいて、
その綺麗さに刺激を受けて、火曜日もチクチクした結果、
今日、9枚目が仕上がりました。
といっても、日曜に刺しているからいつもと同じスピードなんですが。

P1000867.jpg

90日目です。
これで、二段目までが完成です!
妖精さんのこの腰つき、たまらなく艶っぽいです。

P1000866.jpg

羽根の中心にある茶色の物体。
妖精さんの冠から伸びている赤い実の蔓の先にあるので、
たぶんこの落葉ではないかな?と思いますが、どうなんでしょう。
私の好みとしては、奥に少しだけ見えているもう一方の羽根を
もう少し見せて欲しいんですが、
そうすると、あの色飛びが増えるのかと思うと、
これくらいでよかったわ、なんて思ってしまいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。