針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2006.12    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29.12.2006
comment:14
trackback:0
お世話になりました
>> 日々のこと
大晦日から旦那さんの実家へ帰省して、
その後5日まで私の実家に帰省しますので、
こちらを更新するのは、今日が最後になります。

今年、新たにmixiを始めて、いろいろな方と知り合う機会が増え、
そこからさらに新しいお付き合いや、世界が広がって、
本当に充実した一年でした。
いつも拙い文章と、とりとめもないお話に付き合ってくださって、
ありがとうございました。

昔から目標を立てるというのが苦手です。
小学校の時、学期始め毎に立てなければならなかった目標も、
あまり努力せず達成できるだろう、もしくは、
達成できたかどうかが他人から確認しようのない目標を立てる、
なんて、可愛くない子供でした。
が、こうしてみなさんと交流させていただいて、
温かいコメントを頂くと、
小さなことでも続けていくことって本当に大事なんだなと、
しみじみと思うようになりました。
小学校の頃よりは少し、成長したのかな?

来年も針と糸、そして花に囲まれた生活を目指して、
ゆったりと心穏やかに、みなさんと過ごしていけたらと思います。
今年、側にいてくださったみなさま、本当にありがとうございました。
暖冬のおかげで、こんな時期に開いてくれた、
可愛いERと共にしばらくお別れいたします。

P1000623.jpg


来年もどうぞよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。

2006/12/29   翠羽




スポンサーサイト
28.12.2006
comment:14
trackback:0
Miss Valentine 4
>> MIRABILIA Miss Valentine
P1000739.jpg

Nora Corbett (C) 2006 MIRABILIA DESIGNS


ラメ糸終了~。
うーん、やっぱりラメ糸は苦手だわ。
髪飾りや裾の装飾部分はいいとして、靴もラメっていうのが、
私はあまり好きではないのです。
ここだけ後で違う色で刺し変えるかも。
さ、気を取り直して、BSとビーズを入れましょう。

P1000744.jpg

はい、完成です。
今回はネットで見た時よりも、淡い薄い色が多くって、
普段あまり刺さないピンクの甘さに圧倒された印象です。
段染め糸も優しいフンワリとした色合いで、
隣り合った、違う色のメリハリはないけれど、
その分、柔らかなバレンタインの妖精さんになったかなと。

それにしても…、ここまでビーズを抑え気味だった、Noraさん。
今回はその抑えていたものが爆発したかのように、
怒涛のビーズ付けでした。

P1000740.jpg

糸と同化して分かりづらいですが、髪飾りの花、ネックレス、
肩口、手に持ったハートの外側、にピンクのビーズがぎっしり。

P1000749.jpg

スカートの裾にもびっしり。
でもね、このスカート、裾がぴったりと糸やビーズで繋がらず、
お花がランダムに下がっている裾になってるんですよ。
これがまた可愛くて、刺しててとっても楽しかったです。
26.12.2006
comment:2
trackback:0
Miss Valentine 3
>> MIRABILIA Miss Valentine
P1000736.jpg

Nora Corbett (C) 2006 MIRABILIA DESIGNS

段染めのXXX部分が終了しました。
羽が重なりあった部分はやっぱり微妙~ですが、
それもまた味ですよね?たぶん。
後はラメ糸でXXXして、BSとビーズで終了です。

P1000737.jpg

がっ。
このラメ糸がクセものですよね…。
手に持っているハート型boxの中央部分と、靴、髪飾りの花と、
スカートの花の一部に入ります。
赤と紫の二色が撚り合わさった糸なので、
かなり深い赤に見えると思います。
これが入ると、どんなイメージに変わるのかな??
25.12.2006
comment:14
trackback:0
メリークリスマス
>> MIRABILIA The Dreamer
デジカメの整理をしていたら、写真を発見したので、
ペタっとしておきます。

d30.jpg

Nora Corbett (C) 1995 MIRABILIA DESIGNS


みなさまどうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。
22.12.2006
comment:8
trackback:0
Miss Valentine 2
>> MIRABILIA Miss Valentine
P1000726.jpg

Nora Corbett (C) 2006 MIRABILIA DESIGNS


この妖精の羽はいつもと違って、トンボのような四枚羽。
羽のメイン部分は薄い紫とピンクが混じったような色
「Pixie Dust」で刺します。
その羽が重なっている部分は濃い青と紫の「Vintage Violet」で。
けど、この二つ色合いが微妙すぎて、
そしてどちらも糸の中間色が似通いすぎて、
重なると色の境界が分からなくなってしまいます。
写真は、先に羽の重なっている部分を刺して、
右側の腕より下に、メインの羽を一枚刺してみたところ。
微妙~でしょ?

P1000733.jpg

↑の写真は少し分かりやすいように、光量を少なくして写したんですが、
こちらが実物の感じには近い色あい。
刺し進めてみても、やっぱり微妙~。
でもこのランダムな色の変化が、結構刺してても楽しいし、
仕上がったときも面白い感じに見えますよ。

今回、キットに入っていた糸はどれも、色の移り変わりが微妙で、
隣り合った違う色糸が同化してしまうものが多かったです。
その分、自然なグラデーションが出て、
今までとはちょっと違った、優しい感じ
全体的に自然な色合いが出てるような。。。
ま、使われている色も優しい色ばっかりなんですけどね。
20.12.2006
comment:10
trackback:0
Miss Valentine 1
>> MIRABILIA Miss Valentine
ハロウィンちゃんが、かなり時期はずれになってしまったので、
今回は早い時期から始めることにしました。
Mirabiliaの「Fairy Holiday Collection」の第4弾、
「Miss Valentine」です。

P1000718.jpg

Nora Corbett (C) 2006 MIRABILIA DESIGNS


ピンクだけで5種類の糸が入っています。
甘いわ~
前作に比べて、スカートのボリュームが少ないため、
ものすごーくサクサク進みます。
そしてサクサク進む理由がもう一つ。
今回は、たくさん使いそうな糸が2カセ入ってるんです♪
やっぱりみなさんの声が反映されたんでしょうか?
というわけで、安心してチクチクのスピードがUPしてるのかも。
18.12.2006
comment:10
trackback:0
お正月だもの
>> シャドウボックス
大掃除。
私、気をつけてても汚れを飛ばしてしまって、
飛んだ汚れが手遅れなシミになってから気づくタイプです。
なので、旦那様からは
「大掃除という名の汚れの暖簾分け」
と呼ばれてます。
この期間中は、キケンなのでチクチク関係は全て押し入れの中へ。
といっても、全くチクチクしないとストレスも溜まる一方なので、
ミニキット専門になります。
あとは、帰省で持ち替えるお土産作りくらいかな。
というわけで、HAEDは大掃除が終わるまで封印。
復帰は、キリよく年始にすることにします。
まだまだ先が長いHAEDだから、そして時間のかかるHAEDだから、
汚れの暖簾分けをして、やる気をダウンさせたくないですものね。

というわけで、以前ご紹介したシャドウボックス、
この和風にチャレンジすべく、下準備をしてます。

P1000720.jpg

本来はギフトに付ける二つ折りカード。
葉書くらいの大きさがあります。
立体にしたら素敵だろうな、と思って買っておいたものです。
これを四枚用意して、絵画の絵の具を定着させる液剤、
フキサチフ(フィキサチフ)を、裏表両面に二回ずつ塗り、
乾燥させて、本日の作業は終了です。
この後、どのパーツをどれくらい立体にするか、
どの順番で重ねていくかを考えながら、カットするのですが、
今回は背景が単純で、比較的平面のまとまったものなので、
それほど考えるのに苦労せず、切り出せそうな予感がします。
あくまで、予感ですが。。。

あとはこれに合うシャドウボックスの額を見つけなければ。

fea2.jpg

このようにシャドウボックスは立体額に入れるのですが、
プリントも洋風のものが多いので、なかなか和風額ってないんです。
今度のお休みに手芸店巡りでもしようかな~。
16.12.2006
comment:12
trackback:0
CHRISTMAS TREE 額装編
>> GREEN APPLE CHRISTMAS TREE
P1000728.jpg

Green Apple (C) 1994 
Frederick Warne & Company 1994


額装が仕上がってきました。
今回お願いした額屋さんは担当者制で、私はいつも同じ女の方です。
作品を持ち込むと、恥ずかしくなるくらい褒めてくださるのですが、
私はこれが恥ずかしくて、ちょっと苦手な時間です。
その後、二人でイメージをすりあわせながら、額やマットを決めるのですが、
今回はその方がピーターラビット大好き!だったため、
「これって、森の中のクリスマスですよね!!
 月明かりだけの暗い森の中を歩いていると、
 そこだけホンワカと温かい光が灯っている感じ!!」
と大興奮のまま、彼女のイメージに沿った額装になりました。笑

P1000731.jpg

マットは「白鼠」という色名で、
薄いライトグリーンとグレーの中間のような色です。
下に伸びている影を元に、マットのRを取ってもらったので、
細長い楕円のカットになり、その分大きな額になってしまいました。

決して派手なデザインではありませんが、
動物達の可愛い仕草や表情が、
心のこもった温かいクリスマスを表現しているようで、
お気に入りの作品になりました。

<図案>
BEATRIX POTTER CHRISTMAS TREE
<ステッチカウント>
 294 H × 194 W
14.12.2006
comment:8
trackback:0
Halloween Fairy 4
>> MIRABILIA Halloween Fairy
♪今年の汚れ、今年のうちに♪
じゃないけれど、年末までに刺しかけを仕上げよう!ということで。

P1000705.jpg

Nora Corbett (C) 2006 MIRABILIA DESIGNS


思い切っり時期はずれになりながらも、XXX部分が完成しました。
糸はやはり1カット分、不足してしまいました。
ちょうど、向かって左側の腕の付け根部分から先が、
買い足した糸の部分です。
微妙に他の羽部分より白いラインが入っているあたりからがそうです。
あれ、キットの糸より白い?と思いつつ、刺し進めると、
他はこれほど白い部分は出ませんでした。
あれれ、どういうこと!?
ま、結果オーライということで、次いってみよー。

P1000708.jpg

BSとビーズが入って、完成です。
前シリーズまでは、ビーズがキラキラと妖精の周りに散りばめられていたんですが、
今作はどちらかというと控えめ。
杖、髪飾り、羽の先とスカートの裾だけです。
ん?これだけ入っていて「だけ」ってのは、
Mirabiliaならではの感じ方ですか?

さて、次は何をチクチクしようっかな~。
(刺しかけのHAEDのこと忘れてませんか?)
12.12.2006
comment:16
trackback:0
年末の帰省にむけて
>> その他 てあそび
毎年、お盆とお正月はお互いの実家で過ごすのですが、
手ぶらってわけにもいかないので、
お料理や、小さなものを作って持って帰るようにしています。
今年のお盆にお土産にしたのは、カルトナージュの小箱
義母も母も手作りが得意で、ある程度のものはプロ並に作ってしまうので、
彼女達とは被らないジャンルで、というのがミソです。
で、ここのところお正月に持ち帰っているのは、シャドウボックス。
デコパージュをより立体的にした感じと書けば、
大体のイメージがつかめるでしょうか?

去年、お土産にしたのは、フラワーフェアリーのシャドウボックス。

fea.jpg

アーモンドフラワーの妖精



fea1.jpg

キングサリの妖精


専用のグロスを塗った後、額に入れてから撮影したので、
テカテカして見にくいですね

deco2.jpg

元はこういった平面のプリントです。
これを複数枚用意します。
次に高さを出したい部分を決めて、パーツをカットしていきます。

deco.jpg

一番下にあって、それほど高さを出さなくていい場合は、
こんな感じで。

deco3.jpg

より手前にあるデザインになればなるほど、
パーツを細かく、たくさんカットします。
これは二層目。
三層、四層目になると、花弁一つ一つや、
花弁の付け根にある鍔一つ一つをカットします。

カットしたパーツに丸みや膨らみを付けて、高さを出しながら重ねていくと完成です。
みなさん、カットが難しい!と思われるみたいですが、
一番難しいのは、物の丸み、膨らみの付け方だと思います。
例えば一番上に載せた、アーモンドフェアリーの場合。
私は羽の中央をへこませて反らすように形付けましたが、
逆にするとまた違った印象になると思います。
手に持っている花を、私は中央を一番高くするように形付けましたが、
逆にするともっと動きが出てくると思います。
シャドウボックスを始めてから、そういう膨らみを気にして、
身の回りのものを見るようになったので、
時々お店や出先で、ジーっと物を見入る、奇妙な人になってしまい、
いつの間にか友人が他人のフリをすることが増えたような気がします。
でもやめられない、シャドウボックス♪

梅雨~夏はカットした紙が湿気を吸って変形しそうなので、
シャドウボックスはお休み。
今年は年始用に和風のデザインに挑戦予定です。
成功したら、またご報告しますね。
11.12.2006
comment:16
trackback:0
CHRISTMAS TREE 10 (完)
>> GREEN APPLE CHRISTMAS TREE
P1000697.jpg

Green Apple (C) 1994 
Frederick Warne & Company 1994


最後まで残っていたピーターラビットが出てきました。
決して、好きなものを最後まで残していたわけではなく、
自然とこういう流れになったのですが、
その裏には「好きなものは最後」っていう無意識が働いていたのかも。
ピーター君が、最初に出ていた蛙君と手を繋いで輪が完成しました。
これで全部完成です!

水洗いをしてアイロンがけをしたら、全体像を撮ろうと思ってたのですが、
その作業を見ていた旦那さんが、
これから額屋さんに連れて行ってくれるというので、
(お気に入りなんですが、一人じゃ行けない場所にあるの)
あわてて用意して持ち出してしまって、写真を撮り忘れてしまいました。
相変わらずのお間抜けです

今週の土曜日には仕上がってくるので、その時に額装写真でご紹介しますね。
08.12.2006
comment:10
trackback:0
フェアリーちゃん、再び
>> MIRABILIA The Christmas Elf Fairy
P1000703.jpg

久しぶりに Christmas Fairy を引っ張り出してきました。
このシリーズを最終的にどういう風に飾るのか、
全然決めてないので、刺しあがったままの状態です。
折ジワが見えますが、気にしない、気にしない。
とりあえず手持ちの額に入れて、今年はこのままで楽しみます。
左手前に写っているのは、クリスタルのツリートップ。
本来はツリーに飾って楽しむものですが、
我が家は玄関ポーチにあるゴールドクレストにオーナメントを飾っているので、
これは付けられませーん。
だって、汚れたり落ちたりしたら、元に戻せないんですもの。。。
(去年の旦那さんからのクリスマスプレゼントなので、
 そんなことして傷つけたら、、、
 来年以降のクリスマスプレゼントが、、、ね。)
室内で飾る用に台座がついているので、それに固定してます。
07.12.2006
comment:12
trackback:0
CHRISTMAS TREE 9
>> GREEN APPLE CHRISTMAS TREE
せっかくなので、クリスマスまでテンプレートを変更してみようっと。

P1000690.jpg

Green Apple (C) 1994 
Frederick Warne & Company 1994


ピーターラビット軍団が出てきましたよ~。
女の子達のマントが可愛い!
手前になればなるほど、目やヒゲの表情が可愛い。
尻尾のフサフサがラブリー。
あぁ、楽しい。

私の場合、一つのデザインを仕上げて、次のデザインへではなく、
同色の糸で繋がる部分は全部刺すというタイプなので、
このような途中経過になります。
真ん中の仔は、青いジャケットを着ているので、後回し。
あともう一匹、ピーターラビットが出てくると、完成。
ツリーをぐるりと囲んだ、デザインが出てきます。
05.12.2006
comment:16
trackback:0
続々と到着
>> お買い物
深夜~早朝のウロウロでいかんなく発揮された、ポチ病の結果です。

P1000687.jpg

まずはおなじみのMirabilia。
これはお友達が転勤に伴い、在庫を減らすために行ったガレージセールの残り物。
人気がなかったのかしら、かわいそうに。
というわけで、我が家へやってきました。

P1000686.jpg

この渋めが私好みだったので、私としては残ってくれてありがとう、な感じです。

続いて頼んでいたEVAさん。
Danish Embroideryさんにお願いしました。

P1000685.jpg

とうとう買ってしまった、OLD EVA 二点。
とってもこっくりとして落ち着いた、優しい糸ですね。
私が持っているのは、ほとんどが秋冬デザインだったので、
今回は春・夏のデザインを意識して選んでみました。
クリスマスが終わったら、、、かな。

P1000683.jpg

そして残りはこの二点。
右の「水たまりで遊ぶ女の子」は、廃盤になるそうです。
いつもはぎっちりとデザインや色の詰まったものを選んでしまいがちなので、
こういうデザインはなんだか新鮮です。
ここまでのEVA三点は前々から買おうと思っていたもの。
この時点で、送料無料まで残り約3000円。
小さなキットならあともう一点買えるやーん。
というわけで、ポチっとしたのが左の「こどもサンタ」。
本当は他に欲しいキットが数点あったんですが、
全て在庫なしだったので、次候補だったこちらをポチっとな。
来年は玄関に飾りたい、とても可愛いデザインです。

これでしばらくは大人しく、家でチクチクしつつ、
在庫を眺めてはニンヤリしてると思います。

たぶん。
02.12.2006
comment:10
trackback:0
↓の投稿から間もないというのに
>> お買い物
今日は早朝から旦那様がご出勤。
昨日、帰宅したのが(昨日というより毎日だけど)終電だったので、
深夜0:30。
それからご飯を食べて、後片付けをして、お風呂に入って、
ちょっとだけチクチクしてたら、もう朝ごはんやお弁当を作る時間に。
いつもは私も仕事があるので、チクチクタイムをもっと省略して寝るのだけど、
今日は私はお休みなので、そのまま起きて旦那さんを送り出しました。
で、その後は、、、これが困った。
どうも生活リズムが狂ってしまって、かといってチクチクすると寝不足で間違いそう。
というわけで、こうやってネット上をウロウロしています。
そしたら案の定、ポチっとやってしまいました。
前々から買おうと思いつつ、買うならまとめて、という気持ちと、
そのお値段から延び延びになっていたEVAさんです。
勢いって怖い。
けど、勢いがないとポチっとできない時だってあるんですよ。
…きっとね。
01.12.2006
comment:10
trackback:0
CHRISTMAS TREE 8
>> GREEN APPLE CHRISTMAS TREE
今日からいよいよ師走ですね。
毎年年末、年始はお互いの実家で過ごすうえ、
ご挨拶まわりや、お歳暮などと無縁で、夫婦二人だけの私達は、
それほど忙しいはずはないのに、
やはり12月の声を聞くと、何かと慌しい気分になります。
年賀状を印刷したり、大掃除をしたり。
苦手なことや、面倒なことが目白押しだからかな。
そんなわけで?ここのところ、PCを繋ぐ時間がマチマチに。
出没時間が夕方の時はいつも通りの、
出没時間が深夜になっているときは、なにやら忙しい一日だったのね、
なんて、ちょっと優しい目で見てあげてください。笑


P1000677.jpg

Green Apple (C) 1994 
Frederick Warne & Company 1994


あまり針を持つ時間がなかったので、それほど進んでいませんが…。
これでツリーは完成です!
右下の飛び飛びになっているところは、うさぎの耳が入る予定。
右上にボンヤリと浮かんでいるのは、うさぎの雪だるま?
全て3色糸のハーフステッチです。
あひるのジマイマおばさんも出てきて、
いよいよピーターラビットの世界らしくなってきました。
ツリーにとまっている鳥の、ふっくらとした胸毛を刺すのが楽しかったです。
写真ではうまく写ってませんが、複数の優しいピンクが使われた、
とっても柔らかい胸毛なんですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。