針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2006.10    2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31.10.2006
comment:6
trackback:0
赤×赤
>> 日々のこと
私のお隣さんも、偶然ベランダロザリアン(ロザリアン=バラ愛好家)なのですが、
子供がいるため、薬品などが使えず、虫や病気にやられて散々な秋バラだったのだとか。
そんな中、無事に咲いた貴重な秋バラを一輪おすそ分けしてもらっちゃいました。
ビロードのような質感と光沢を持ち、深紅の色を持つ、
黒バラ ブラックバカラ。
お隣さんの愛情がたっぷりこもった黒バラをメインに、
赤い花ばっかりを集めて、ミニブーケを作ってみました。
中心に入っているのがブラックバカラ。
やっぱり黒バラのあの色は、デジカメじゃうまく写らないのね。。。
残念。

P1000597.jpg

左下から時計周りに
ガーベラ・カーネーション・鶏頭・姫りんご
ブラックバカラ・ニューサイラン・レモンの葉

追記
赤が集まりすぎて、花の区別がイマイチだったので、
補足で画像をUPしま~す。

P1000597-1.jpg

スポンサーサイト
30.10.2006
comment:12
trackback:0
けいとだま その後
>> その他 てあそび
義母宅からやってきた毛糸玉。
色の出方が見たくて、何も考えず見切り発車で編み始めました。
と、以前の日記に書いたままでしたね。。。
もらってきた毛糸は2玉だったので、当初の予想通りマフラーになりました。

P1000582.jpg

貰ってきた毛糸が少ないので(元々サンプル糸だから)、
あまり大きいものが編めません。
ということでマフラーといっても、暖をとる機能的なものではなく、
どちらかというとジャケットやコートのエリに絡ませるタイプのものにしました。
中心となる部分を編んで、そのサイドにフリルを2段分つけてます。
その方が色の出方が面白いかな~、なんて思いつきで。
写真だと色の具合がよく分からなかったので、明るめの色で写してます。

P1000583.jpg

我が家のスーパーモデルに巻いてもらいました。
実際の色はこんな感じです。
渋いですね。。。
旦那さんには「中尾彬がモデル?」なんて言われてしまいました。
確かに、フリルが勝手にスパイラルするので、
彬巻きになっちゃうんですが。。。
29.10.2006
comment:10
trackback:0
タペストリー完成
>> その他のチクチク
P1000591.jpg

(C) LECIEN

刺繍部分が完成したところです。
このデザインには雪の結晶が8つあるんですが、
その全てが違ったデザインだったので、とっても楽しかったです。
横のボーダー部分も想像していたよりは時間がかかりませんでした。

P1000593.jpg

お仕立てしたところです。
上部を筒縫いにして、下部は中表にして横一直線に縫い、
それを袋のようにくるりと反しただけです。
こうやって見ると、少し紐が長いかな?

ルシアンの同シリーズは、この他にもいろいろ種類が出ていて、
タペストリーも他に3デザインあるんですが、
これが一番「クリスマス!」という感じではなく、
冬の間飾って楽しめるかな?と思って、ギフト用にしてみました。
リネンバンド、初挑戦でしたが、いろいろ活用できそうな感じで、
今度少し買い込んでみようかな、と思ってます。
26.10.2006
comment:10
trackback:0
今日のもろもろ
>> ベランダガーデニング 秋~冬のベランダ
シナモンさんのお店で、特別価格でミラビリアのキット予約が始まりましたね。。。
うーむ。
ポチッ。

さてさて、2週間ほど前、春の寄せ植え用に球根を植えました。
春用の球根はこの時期に植えつけると、2月頃から芽を出して、
春先に花を咲かせてくれます。
で、今日のその寄せ植え鉢の様子。

P1000576.jpg

芽がっ、芽が出てる~!
芽。。。芽だけ??

ズームアップ。

P1000577.jpg

こ、、、これは花じゃないですか??
この鉢には、チューリップ、ムスカリ、オキザリスの三種類が植わっているのですが、たぶんオキザリスじゃないのかな~、と。
オキザリスさん、いくらなんでも気が早すぎじゃないですか??
こんなんで冬を越して、春にまた花を咲かせてくれるんでしょうか。

その他にバラも元気です。
以前紹介したイングリッシュローズ、シャリファアスマも、
一番花を咲かせた枝から新しい枝が伸び、その先に二番花が咲きました。

P1000543.jpg

二番花は一番花に比べると、小さいのですが、それでも充分に可愛いです。

P1000556.jpg

ベランダに咲いた花たちです。
青いのはルリマツリ。
白い小さなバラは以前紹介したホワイトグルーテンドースト、
おなじみ、黄色のミニバラ(車やさんでもらったので、名前はわからず)
そしてシャリファアスマです。
25.10.2006
comment:4
trackback:0
雪のタペストリー
>> その他のチクチク
少し急ぎでギフト用のお願いが入ったので、今日から新しいチクチクを始めました。
小さめでかさばらない、クリスマス物ということだったので、
クリスマスのタペストリーを作ることにしました。

P1000568.jpg

(C) LECIEN


ルシアンの Happy christmas シリーズから、麻のタペストリーです。
一番広い幅のリネンバンドを使ってます。
端の処理も、大きなお仕立てもいらないので、
ひたすらチクチクに集中できて便利です。
色も3色のみ。
今週・来週とちょっと忙しくて、なかなか時間が取れないので、
ちょっとでも時間を見つけてはチクチクします。
これならなんとか間に合うんじゃないかな?
雪の結晶って、とっても好きなデザインなんです。
好きなデザインは刺してても、やっぱり楽しいですね♪

スクロールフレームにつけたまんまの、HAEDやピーターラビットのクリスマス、
それからmirabiliaのフェアリーちゃん達の視線が、、、イタイです。

24.10.2006
comment:14
trackback:0
気分はすっかりクリスマス
>> その他 てあそび
今日はお仕事がお休み。
昨夜、午前中はぐずついたお天気と言っていたので、
旦那さんにゴメンナサイして、朝寝坊。
ベットの中から「行ってらっしゃ~い」ってス・テ・キ
その後、ウツラウツラしながらお昼頃起きてみると、
なんて良いお天気なの!?
おかげで予定がめちゃ狂いですよ!?
(全てお天気のせいです、そうすべて。)
なんかお天気だと、アレコレしないと勿体無い!
って気がしてしまうんですよね。
というわけで、近くの手芸店まで買い物に。
ちょこちょこと足りなくなっている、
糸とか布とかその他いろいろ買い込みました。
これですぐに何かを作ろう!というわけではないのですが、
今月末から年末にかけて、お誕生日さんが続くので、
何か良いアイディアがここから浮かぶことに期待して。。。

帰ってきてから、クリスマスのリースを作りました。

P1000573.jpg

ちょっと時期的に早い気もするんですが、ま、よしとしましょうか。
ちなみに、、、玄関に置いている植物もすっかりクリスマスです。
この写真はまた後日にでも。。。
旦那さんが家の壁に穴を開けるのをとても嫌うので、
大物は飾れないため、小さめのリース。
(壁紙がはがれないタイプのテープを使ったフックで
 とめられるサイズ&重量という制限になってしまうんです)
弓なりのリースの端にリボンを付けて飾ると、
なんだかちょっと余所行きっぽくなるから不思議。
23.10.2006
comment:10
trackback:0
Autumn Leaves 13
>> HAED Autumn Leaves
P1000567.jpg

Heaven and Earth Designs (c) Linda Ravenscroft 2005


55日目、ベタ刺し部分も後少し。
左の大きく開いている部分と、このすぐ下からは、
また葉っぱが入ってくるのです。
う~、久しぶりの濃い色!

このデザイン、中心部分にデザインが集中してるので、
四辺にあたる、上下左右、合わせて約13枚は、
ほぼこういう背景のベタ刺しなんです。
(といっても、5色使ったボカシが入ってるんですけど
給食は嫌いなものから食べて、好きなものを最後に食べるタイプだった私。
できれば先にこういうベタ刺し部分を刺し終えてしまいたい。。。
んですが、飽きるだろうな~。
20.10.2006
comment:8
trackback:0
ミラビリア限定キット第4弾
>> MIRABILIA 準備中♪
ここのところ、Mirabiliaは新作ラッシュですね~。
前回から間を空けず、新作「South Seas Mermaid」が発表されたと思ったら、
フリーチャートも更新、さらには限定キットも発売。
限定キットは予約受付が始まったところもあるみたいですね。
第4弾は「Miss Valentine」だそうで。
画像はこちらからどうぞ。
今までとは違って、かなり甘~いデザインみたいです。
ここまで揃えたら、もうデザインが、、とか好みが、、とかじゃなく、
収集癖発動です。
即買いはどうでしょう、、、
シナモンさんが予約特別価格をされるなら、買うかもしれません。
ところで私のハロウィンフェアリーは、
今年のハロウィンには間に合いそうにないんですが。。。
 
19.10.2006
comment:8
trackback:0
ベランダのバラ
>> ベランダガーデニング Rose
お仕事で少し忙しくしています。
2時間くらいまとまってチクチク時間がないと、刺さない性質なので、
今週は一日しかチクチクしてません。
そろそろ禁断症状が出そうなので、なんとか今日中に仕事を終わらせようと、
初の仕事をお持ち帰りしました。
さぁ、がんばろう!!
というわけで、チクチク日記はもう少しお待ちくださいね。

そんな忙しい中でも、バラが咲いてくれるととても和みます。
ベランダは今、秋バラ真っ盛りです。

pm001.jpg

どんどん蕾があがってくる、プリンセス・ド・モナコ。
こういうバラは一枝に一つしか蕾がつかないので、ポツポツ咲く感じなんですが、
これだけ蕾があがってきてくれたら、途切れることなく咲いてくれるでしょう。
とっても良い子です。

P1000538.jpg

これもバラなんですよ~。
ホワイト・グルーテンドーストといいます。
こちらは一枝に10輪ほどの花がつくタイプ。
少し俯き加減に咲く感じがまたとても可愛いです。
ハマナスの交配種で、原種のバラに近い感じです。

P1000539.jpg

ホワイト・グルーテンドーストの花。
花弁にギザギザが入っていて、まるでナデシコやカーネーションみたい。
時々先祖がえりして、花弁がピンクになったり、ストライプが一本だけ入ったりして、
そういう変化がとても面白いです。
春はもっとたくさんの枝に花が咲き乱れて、
まるで八重桜が咲いたようになる、お気に入りのバラです。
17.10.2006
comment:14
trackback:0
行ってきました!
>> 日々のこと
梅田でお昼にくまさんと待ち合わせをして、
ランチを食べた後、シナモンさんのお店へ行ってきました。

くまさんとは初対面だったのですが、、、
恋してしまいそうなくらいステキな方でした。
とても可愛らしい方でした!!
くまさんは素直な方で、私も素のままでいられたため、
あっという間に時間が過ぎたという感じです。

シナモンさんのお店は、確かに一人で行こうと思ったら、
ちょっと大変かもしれませんが、共通の趣味の方と行くのなら、
全然苦にならない距離でした。
ランチの時から、「何買います?」「買いすぎたらどうします?」
「(予算オーバーしないように)金額を決めておきます?」
などなど、本当に遠足か修学旅行前の子供みたいに、
二人して目をキラキラさせながら話してしまいました。
が、結局最後まで何を買うか、予算はいくらか、
なんて決められるわけもなく、そのままお店に突入してしまいました。
お店はとても雰囲気が良くて、小さいながらもきちんと整理されたお宝が山のようにありました。
入った瞬間、もうどこから手をつけたらいいのか分からなくなるくらい、二人とも興奮してしまって、棚の隅から一つずつ商品を全部取り出しては、全てをチェックしてしまいました。
途中、クリスマスものを探されているお客さんが来店されて、
まるで店員さん気取りでクリスマスチャートを探してみたりなどしつつ、いくつかのチャートやキットを選びました。
そこからまた取捨選択して、結局購入したのは。。。

P1000547.jpg

L&L24の Oh,Christmas Tree とそれに必要な布(リネン)とビーズ、
それからミラビリア用のトレジャー一種。
あ、あれれれれ。。。
いつもと同じ買い物になってしまった。
お店に行く前、入った後もくまさんとお店でしか買えない物を優先して買いましょうね、と言い合っていたんです。
それなのに、それなのに~。
(ネットが普及した今なら、お店でしか手に入らないというものは、あまりないのが現実ですよね。)
実はこのチャート、クリスマスイベント用に刺そうと、一番最初に思っていたもなのですが、HAEDとの掛け持ちだと仕上がらない可能性があると思ったため、買わなかったものなんです。
でも実物を見てしまうとだめですね、即買い決定でした。
同じくクリスマスものを探していたくまさんも、同じチャートを購入されました。

他にもいくつかチャートをピックアップしてたんですが、お値段や大きさなどから購入を見送りました。HAEDを抱えているうちは、大作はちょっと控えようかな、ということで。

帰りにお茶をご一緒しつつ、mixiのコミュの事などをいろいろお話しました。
今回は初めてのオフということで、くまさんと二人だけになってしまったんですが、
(他の方がオフを希望されるかなどが分からなかったので)
できれば少しずつこの輪を広げていけたらな、なんてお話も出ました。
作品を見せ合ったり、情報を交換しあったりなどもできますしね。
まだまだくまさんと二人での希望、という段階ですが。。。
今回お誘いできなかった方々と、また近いうちにご一緒できればいいね、とお話しつつ、くまさんとお別れしてきました。

本当に楽しい楽しい時間で、あっという間に過ぎてしまいました。
くまさん、お誘いいただいてありがとう~!
16.10.2006
comment:8
trackback:0
行ってきま~す
>> 日々のこと
明日(この時点ではもう今日ですね)、マイミクのくまさんとお会いします。
以前からお会いしたいと思いつつ、なかなか実現しなかったので、
とっても楽しみかつ、ドッキドキです。
基本的に私はネットで繋がった方とお会いするのが好きで、
よくオフ会にも参加します。
クロスステッチ繋がりでは初めてなので、どんなお話ができるか、
本当に楽しみです♪
さらにさらに、憧れの Baby Cinnamon さんにもお邪魔してきます。
実は、私の家からだと近いところにあるんですが、
土日はお店がお休みだし、平日に仕事の休みがあっても一人だと
なかなか行き合わせないでいたので、本当に嬉しいです~。
お財布のリミッターが外れてしまいそうな予感もします。
ががが、、、この時期は予約していたバラ苗などが届き、
かなりお財布が寂しい状態なので、諭吉さんのお顔を見たら、
きっとお財布の紐がキュッと締まってくれることでしょう。
。。。
できるかなぁ。
13.10.2006
comment:10
trackback:0
バラ三昧
>> 日々のこと
今日は半年に一度開かれる、ローズフェスティバルatクリフトン京阪へ行ってきました。
買わないけど来年の参考に実物の花を見ておこう~と思ってたはずなのに、
(カタログと実際の花は全く違った印象だったりします)
しっかりとER苗を購入して帰ってきてしまいました。
あれれ~?
ERは今秋から国産苗は流通しないという事態に陥っているので、
今春に仕入れていた国産苗を放出します!というこの機会は、
とっても貴重で見逃すわけにはいかないのです。
と、言い訳してみる。
* 輸入苗だと日本の気候に合わず、大変手がかかるようです。
会計に並んでいる時、
(初日の朝一番だったのに、とてもすごい人ごみでした)
かの有名なローズ博士小山内さんが、私が持っている苗を見て、
「うわ~それはいい苗っ!よく見つけたね~。
 可愛がってあげてね、素晴らしい株になるから!
 咲いたらまた写真を見せてくださいね。」
と言ってくださったのが、ほんともう夢みたいで、
ちょっと浮かれてしまいました。
その後も、珍しいフランスバラをチェックしたり、
(チェック?買う気ですよ、翠羽さん)
小山内さんに声をかけていただいたことで、
お客さんといろいろお話する機会ができて、
そのまま何人かとランチをご一緒したりして、帰宅しました。

クリフトン京阪はとても広い園芸店なんですが、
苗を売るだけではなくて、庭園などもいくつかあって、
とってもくつろげる場所ですよ~。
11月初旬まではこの広い園内がほぼバラ苗で埋め尽くされて、
夢のような風景が広がっていますので、お近くの方は、
ひらパーへ出かけがてら、訪ねてみられるのもいいかもしれません。
クリフトン京阪のサイトはこちら
庭園の案内などもあります。

帰宅すると、朝開きかけだったハイブリットティーローズ(HT)、
ジュリアが咲いていました。
ジュリアは大好きなバラなんですが、残暑のため本来の色とは
全く違う色で咲いてしまって、ちょっとがっかり。
この後に咲くだろう二番花に期待です。

P1000523.jpg

夏の間伸びすぎてしまった、野葡萄と一緒に。
左:ジュリア
  本当はミルクティー色で咲くとても魅力的なバラです。
  この後ろに2輪隠れてます。
右:プリンセス・ドゥ・モナコ

11.10.2006
comment:8
trackback:0
けいとだま
>> その他のチクチク
この時期、奈良の義母の手元にはたくさんの毛糸玉があります。
本格的な手編みのシーズンを前にして、各糸屋さんがサンプルを兼ねて、
いろんな毛糸玉を持ってくるから。
珍しいものから、最新のものもあって、その編み具合、手触り、色、光沢などを見つつ、
義母は大量の毛糸の発注をしています。
で、そのサンプル、発注しなかったからといって引き取りにくるわけでもなく、義母の教室に山と積まれたまま。
サンプルなのでそれほど玉数が多くなく、義母が小物を作ったり、
生徒さんが練習用に持ち帰ったりして、なんとか年末までには、
大山が小山くらいにはなるんですけどね。
とはいえ、発注した糸が届くと、義母も生徒さんもそちらの作品が中心になるので、
結局サンプルはそのまま残ってしまって、、、なんて悪循環も。
というわけで、この時期義母宅に来た人は、もれなく毛糸玉のお土産がついてきます。
もちろん私も例外じゃありません。
私は刺繍以外の「てしごと」はあまり得意ではないし、
義母もそれを承知しているので、お土産の毛糸玉はそれほど多くないし、
いつも簡単な図案や編みやすい毛糸玉をもらうんです。
で、今年は出たばっかりというこの毛糸をもらいました。

P1000536.jpg

とてもフワフワと手触りが良く、かといって毛羽立ったりしない毛糸。
このグラデーションがどんな風に出るか、ちょっと楽しみです。
とりあえずかぎ針で小さめのものを、ということで編んでます。
「なんとなく」で編んでいるので、着地点を決めてません。
どんな編み模様にするのか、何に仕立てるのか、全く決めないで、
色の出方が見たいがために始めてしまいました。。。

あぁ、そういえばpingaさんのところで紹介されていた動物占い。
あれで私の診断は芸術家のペガサスだったんですが、
「執着心がなく最後の詰めが甘い」って書いてあったなぁ。
10.10.2006
comment:8
trackback:0
Autumn Leaves 12
>> HAED Autumn Leaves
al13.jpg

Heaven and Earth Designs (c) Linda Ravenscroft 2005


前回、顔部分を飛ばしたので48日で5枚目が終了しました。
ので、今回はそこから2日後、50日目の経過です。
30×40マスくらい進みました。
だいたい通常のペースだと、2日でこれくらい進むみたいです。
(ほぼベタ刺しだからかな)
この横にチャートが半分ほどあって、右端にたどり着きます。
ということは、、、しばらくはまた背景がメインなのかな。
一番最初も背景メインだったんだけど、
始めたばっかりで楽しかったから良かったのよね~。
今は。。。
次の色味を目指してがんばりまーす。
06.10.2006
comment:8
trackback:0
CHRISTMAS TREE 5
>> GREEN APPLE CHRISTMAS TREE
pc6.jpg

Green Apple (C) 1994 
Frederick Warne & Company 1994


はい、これで一段落。
チャート全体を4分割してコピーしたんですが、
そのうちの1/4が終了です。
といっても、この上の横二つ分はほぼツリーの先端で、
それほどステッチカウントがないので、半分ほどが終了した、
といってもいいくらいかな?

ねずみのおばさん、傘を持って何をしてるんでしょうか?
その謎は再開したときに。。。

こうやって写真で見ると、ねずみの耳からヒョロッと一本、
糸が見えるような気がしますが、これは裏が透けて写ってるんです。
カーテン越しの朝日をバックにして撮ったもので。。。
でもこの方が、本来の糸の色が写るんですよね。
ちゃんと裏の糸を切っておかなきゃ。
04.10.2006
comment:10
trackback:0
CHRISTMAS TREE 4
>> GREEN APPLE CHRISTMAS TREE
pc5.jpg

Green Apple (C) 1994 
Frederick Warne & Company 1994


はりねずみ(だったかな?)のティギーおばさんと、陽気なリスが出てきました。
ティギーおばさん、なんでこんな変な格好なの?と思ったら、
右の太っちょねずみさんにご挨拶してたのね。
エプロンを持ち上げてご挨拶、あ、それともダンスを申し込んでる?
このリスたちがデザインの一番左端です。
あともう少し、リスの上にあるデザインを刺したら、
クリスマスは一休み、HAEDに戻る予定で~す。
02.10.2006
comment:13
trackback:0
イングリッシュローズの魅力
>> ベランダガーデニング English Rose
待ちに待った、イングリッシュローズの開花です

土曜日、朝の状態。

sha.jpg

緩やかに内側の花弁が開いてきました。
コロコロとした花姿なのが少しずつわかるようになってきます。
蕾をつけていた時点で台風の余波を受けてしまって、
(プチ旅行に行っていたときに近づいてきていたアレです)
外側の花弁が少し傷ついているのが残念です。
この時の香りは、いわゆるバラの香水と聞いて、
一番に思い浮かべるような香り。
鼻の奥に残る甘さと爽やかさが辺り一面に心地良く漂います。

sha3.jpg

そしてこれは同じ日のお昼。
完全に花弁が開ききりました。
少し開きすぎたかな。
(本当はこうなるちょっと前の姿が一番綺麗で、ERらしいんですが、
 なかなかタイミング良く写すことができません。)
ね?牡丹や芍薬のような開き方でしょ?
たった数時間で色も形も香りも変化します。
この時の香りは甘いフルーツの香り。
でも甘すぎず、爽やかな香りですよ。
ライチの甘さと、青りんごの爽やかさが程よくミックスした感じ。

このままだと風や雨で花弁が傷むので、切花にして楽しみます。

sha4.jpg

一緒に咲いたクレマチスと一緒に。
どこにいてもフワリと漂う香りを楽しめます。

sha5.jpg

そしてこれは今日咲いたバラ。
雨で傷まないように早めに切花にしたので、ERらしい形です。
コロコロとした花形、緩やかに内側に巻く花弁、
優しい色合いと、なんとも言えないほど良い香り。
本当に、ERがあると一日幸せな気持ちになれます。
この後もどんどん色や形は変わり、
最終的には二番目の写真のような形と色合いになります。

ちなみに、、、

sha6.jpg

ERを横から見たところ。
何かの形に見えませんか?
外側の数枚だけが水平に広がり、残りの花弁は内側に抱え込むように広がるこの形は、カップ咲きと呼ばれます。
そうです、ソーサーに乗ったティーカップのような咲き方、ということなんですよ。
そういわれると、そう見えてきますよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。