針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.11    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25.11.2010
comment:4
trackback:0
In The Arms of an Angel 完成!
>> Lavender&Lace In The Arms of an Angel / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
画像 096

designed by Marilyn Leavitt-Imblum



予定日を一日超えた、10月14日完成しました。
そういえば、羽根物を刺すのは久しぶり。
付け根部分の色替えが大変で、大きなお腹がつっかえて、、、
でも楽しくて、早く仕上げたいような、まだ刺していたいような。
そんな不思議な感覚でした。

画像 093

お顔部分。
今回のデザインは、赤ちゃんの頭、天使の腕、お顔は1over1の指定でした。
腕と赤ちゃんの頭を刺したものの、刺し目の汚さが気になって、気になって。
布がリネンではなく、アイーダだったのも刺し目が不揃いだった一因かも。
結局、迷った末に解いて刺しなおしたのですが、
その解く作業が、目が細かく、複雑に色替えがあっただけに大変!!!
一日作業になってしまいました。

画像 095

ドレス部分。
刺す前は派手!ってイメージだったのですが、
比較的落ち着いた色ばかりが使われています。
よーく見ると、赤いバラ飾りがあったりして。
これ、刺すまでは赤いドレスの一部分だと思ってました。
赤ちゃんのおくるみの裾は、金と白のビーズが二重に入っています。
これで、今まで地味だった(!?)赤ちゃんにも華やかさが。

画像 094

ドレスの裾部分。
複雑なぐるぐる模様がたっくさん。
私の中で、L&Lのドレスといえばこのぐるぐる模様。
ケルティックシリーズなどにもよく登場する模様ですよね。
ケルト模様とか、そういった意味があるのかな?
時間があれば調べてみたいところです。

最後に娘の名前と誕生日を記念に入れました。
しばらく、こういった大作や細かい作業はできないと思うので、
娘の誕生祝いとしても、私自身にとってもよい記念の作品になったと思います。
スポンサーサイト
06.11.2010
comment:2
trackback:0
In The Arms of an Angel 2
>> Lavender&Lace In The Arms of an Angel / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
画像 091-1

designed by Marilyn Leavitt-Imblum


前回の画像から約一ヶ月後の進捗。
予定日を間近に控えて、なんとか出産までにはステッチ部分を仕上げたい!
と、急ピッチで進めていた頃です。
完成画像から受けていた、ドレスのカラフルなイメージは刺し進めると消えて、
なかなか落ち着いた色合いに仕上がったように感じられて、
刺し進めるのが楽しくなってきていました。
ここから、天使の羽根に刺し進めていきます。
29.10.2010
comment:2
trackback:0
In The Arms of an Angel 1
>> Lavender&Lace In The Arms of an Angel / Theme:クロスステッチ / Genre:趣味・実用
つわりがおさまった頃から、何か出産の記念になるステッチを、
と考えていました。
長時間、座ったり、同じ姿勢での作業が辛くなると思ったので、
やはり好きなデザイナーさんのもので、適度な大きさのもの。
となると、L&LかMIRABILIAか。
予定日が秋だったので、秋のモチーフのものも含めて検討しましたが、
やはり赤ちゃんを抱いているデザインに目がいってしまいました。
そして選んだのが、L&Lの"In The Arms of an Angel"。
白糸や同系色の落ち着いた天使や聖母にも魅かれたのですが、
集中力が落ちるだろう時期に、白地獄に耐えられる自信はありません。
普段ならカラフルすぎて選ばないかもしれないこのデザインですが、
多色で、パーツも大き過ぎず、いくつもに分かれていたので、
妊娠中でも少しずつ刺せるかも、というのが大きな決定要素でした。
 
100906_165347.jpg

designed by Marilyn Leavitt-Imblum


ドイツに到着した翌日、8/18から刺し始めました。
最初は手荷物で持ってきた小さな丸枠と、基本の針、はさみしかなく、
ステッチのスピードもかなり鈍り気味でしたが、
二週間後に日本からの引っ越し第一便で、
スクロールフレームなどのステッチ道具が届き、
その便利さに感動しながら、ステッチしてたのを覚えています。
この写真は、ステッチ開始から約三週間後のもの。
日本から持ってきた家電関係を、充電する変圧器も届いてなくて、
あれこれ電池切れになるなか、唯一電池が残っていた携帯で撮ったものです。
たった一カ月ほど前のことなのですが、それすらも懐かしい。。。
赤と薄いブルーのドレスは、グラデーションがとても美しくて、
刺しているだけでうっとり、だったのですが、
複雑な模様がラメとビーズで指定されていて、
その穴あきをカウントするのが、なかなか大変でした。
このころ、妊娠八カ月目。
大きくなるお腹がつっかえて、ソファーに座って前かがみになりつつ、
スクロールフレームに向かうのが、少しずつ難しくなっていた時期でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。