針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.03    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16.03.2007
comment:18
trackback:0
BULLFINCH 2
>> Haandarbejdets Fremme BULLFINCH
P1010007.jpg

BULLFINCH (C) HAANDARBEJDETS FREMME DANMARK 1993
DESIGN MADS STAGE


BULLFINCH 完成しました。
枝にとまっている足の部分や、尾や羽の表現が細かくて、
こだわりを感じたデザインでした。
木の実は黒っぽく見えますが、濃紺の糸で刺しています。
枝部分の色味が抑えてあるので、鳥さんが引き立ちますね。
このシリーズは、季節ごとにいくつか並べて飾ろうと思っているので、
今は特に仕上げなどせず、このままお仲間がそろうまで、
お休みしてもらおうと思っています。
が…。
通し番号の順に並べるとすると、、、同時に買った他のキットは、
夏~冬にかけてのものなので、番号が一番若いこのデザインは、
最後までお休みってことになるのかしら。。。
スポンサーサイト
15.03.2007
comment:10
trackback:0
BULLFINCH 1
>> Haandarbejdets Fremme BULLFINCH
刺しかけのテレサさんの"Tapestry Cat"ですが…。
実家の猫が亡くなったため、少しお休みすることにしました。
17年も生きた老猫だったので、別れは悲しいけれど、
そんなに長く側にいてくれたことを感謝する日々です。

それでも、止められないのがクロスステッチ。
暇さえあれば、どうしても手を動かしたくなりますよね。
そんなわけで、始めたのがこの前届いたフレメ。
初フレメなんですが、花糸の刺しやすさと色合いに、
うっとりしながら、楽しんでいます。

P1010004.jpg

BULLFINCH (C) HAANDARBEJDETS FREMME DANMARK 1993
DESIGN MADS STAGE


1993年フレメカレンダーの表紙でお馴染みの、BULLFINCH です。
「赤うそ」というだけあって、お腹がフルーツのような色合いです。
ぷっくりとした形もとっても可愛いですね。
手元にカレンダーがないので、
それぞれがいつの季節をイメージしたデザインなのか
不明というのが、少し心もとないです。
が、たぶん通し番号の順なのよ、きっと、と思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。