針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.02    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25.03.2011
comment:4
trackback:0
元気を少しでも
>> お知らせ
震災の起きた翌日、3月12日は九州新幹線が全線開通した日でした。
震災への考慮から開通CMは放送されなくなりましたが、
震災後にみると、とても元気をもらえるCMだと思いました。
という記事をネットで見かけ、私も同感だったので、ご紹介します。





どうして立ち止まっているの? 未来は明るいに決まってる






あの日、手をふってくれてありがとう。笑ってくれてありがとう。
ひとつになってくれてありがとう。


みんなの笑顔、嬉しい、楽しい気持ち。
なんだか見ていて涙が出てくるのは私だけでしょうか?
それぞれが、それぞれの場所でがんばっています。
立ち止まってなんかいられないよね。
明るい未来を信じて、ひとつになれたらいいですね。
スポンサーサイト
19.03.2011
comment:2
trackback:0
ドイツからできること
>> お知らせ
地震発生から一週間。
日が経つにつれて増える犠牲者・被災者の数と、
災害の爪痕、それに原発問題。
本当に心が軋むような毎日が続きます。

私たちにもっとできることはないか。
そう考えた時、やはり今できるのは義援金を送ること。
そう思い、ご近所さんと一緒に街頭での募金活動を始めました。
少しでも感謝の気持ちを伝えたくて、
募金してくださった方々に、折り鶴をお渡ししています。
急なことなので、たいしたお礼ではないけれど、
受け取ってくださる方の笑顔がとても嬉しいです。

P1020367_20110319031037.jpg


ドイツでは震災そのものよりも、原発問題の方がクローズアップされ、
連日、日本がどんな状態なのか、それによってどういう被害が出るのか、
自国への影響は、そして自国の原発は安全なのか、
ということが大きく報道されています。
原発問題を解決できず、被害を拡大させていること、
それが全世界に不安をもたらしていること。
それにより、日本人への感情・風当たりも変わってきています。
それでも被災地の現状に心を痛め、
被災者や不安な夜を過ごしている日本人に、
温かい心遣いを示してくれるドイツ人がたくさんいます。
本当にありがたいです。
この思いが、少しでもみなさんに伝わりますように。
13.03.2011
comment:0
trackback:0
拡散希望情報です
>> お知らせ
ご自分のブログに情報を転載してくださった方、
ありがとうございます。
引き続き、賛同していただける方、
どうぞよろしくお願いします。
どうか、少しでも多くの人の目にとまりますように。
1人でも多くの命が助かりますように。

【拡散希望】
■グーグル消息情報 http://bit.ly/dT3txc 
■ライブドアが無線LAN無料開放。 http://bit.ly/gYbSjo

【拡散希望】
現地の人と連絡を取りたい人へ →
03-5452-8800か050-3369-9680に
電話をすればNHK教育テレビで流してくれます。

【拡散希望】
災害用ブロードバンド伝言板 https://www.web171.jp/  
携帯各社の伝言ダイヤルです。 
au:http://bit.ly/eoeUc2  
ドコモ:http://bit.ly/hF2BHS
SB:http://bit.ly/eoeUc2

【拡散依頼】
宮城県警が 「東北地方太平洋沖地震で安否が分からない人」
に関する相談ダイヤルを開設。
番号:022(221)2000。
しばらくは24時間体制で 対応してくれる、とのこと

【拡散希望】
発電所が止まってます。 栃木に電気が来ません。
病院で非常用発電機に張り付いてます。
ICUへの電気を止めたらアウト。 首都圏のかた、
電気の使用を最低限にお願いします。
命がかかってます。

【拡散希望】
義援金の情報です。
義援金詐欺始まっています。
今振り込んでも銀行が運営してないので、
月曜日でも変わりません!冷静になってください!
逆に、支援物資ですが、 支援したい人は是非お金にして欲しい。
との事 金で解決するのが嫌な人もいるだろうが、
個人からの支援物資の殆どは集積所で
山積みになってゴミと化したのが阪神大震災。 だそうです。
12.03.2011
comment:0
trackback:0
私にできること
>> お知らせ
今回の地震、海外にいると情報も遅く、
手に入る情報も限られてしまいますが、
それでも被害の大きさはよく伝わってきて、
とても心が痛みます。
少しでも被害が少なく、そして早く収まりますように。
祈ることしかできません。

私にできることなんて本当に少しだけなのですが、
被災者の育児に関する情報を載せたいと思います。
これを見た方のお役に少しでもたてますように。
そして、これを見ている方のブログなどに、
情報を転載していただければ、もっと多くの方の目にとまると思います。
どうぞよろしくお願いします。

JALCは震災と母乳育児について、3つの情報をウエブサイトから
発信しています。

ウエブサイト http://jalc-net.jp/ 
サイドメニュー「災害時の母乳育児支援」

皆さん許可を取る必要はありません。下記をどんどん発信してください。 

1、災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会からの3つの情報
http://www.jalc-net.jp/hisai.html

「地震や水害にあった母乳育児中のお母さんへ」1ページのPDF 
http://www.jalc-net.jp/hisai_mother.pdf
「お母さんを援助している方、及び、メディア関係者の方へのお願い」
1ページ のPDF 

http://www.jalc-net.jp/hisai_media.pdf
「被災者の救援にあたっている方へ」2ページのPDF
http://www.jalc-net.jp/genchistaff.pdf

 
携帯バージョンもあります。 http://www.jalc-net.jp/i_hisai.htm
25.10.2010
comment:12
trackback:0
新しい家族
>> お知らせ
画像 120-1

ドイツ時間、10月19日、17時07分、娘を出産し、母になりました。
ドイツでの出産には迷いや不安もありましたが、
夫婦、そして親子が離れ離れになる時間を作りたくなくて、
こちらでの出産育児を選択しました。


若くして結婚し、早いものでもう10年。
今までは夫婦の時間を大切に過ごしてきましたが、
これからは娘が運んできてくれる新しい家族の時間を楽しみたいと思います。

親から子へ、子から親へ。
手から手へと伝わる愛情を今とても感じています。
私の母も、こうやってたくさんの愛情を与えてくれていたのでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。