針と糸と花に埋もれる毎日を目指して。2010年から始まった、ドイツ生活と子育て、そして趣味のクロスステッチについて綴っています。お気軽にコメント残してくださいね。
2017.07    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08.09.2007
comment:6
trackback:0
お針箱
>> カルトナージュ
現在、旦那さんは長期出張中。
作業中、どうしてもパーツをあちこちに広げなければいけない手遊びは、
こういう時に満喫するに限ります。
というわけで、「土日はステッチはお休み」と決めているので、
今日はカルトナージュを作りました。

P1010524.jpg

左はキットで購入した緑の箱。
右は、それを模倣して、型紙から作成した赤い箱です。
以前購入した、ROSSIの紙を使ってみました。
柄紙の質が全く違うため、ちょっと苦労した部分もありますが、
手のかかる子ほど、完成後は可愛いものです。

P1010525.jpg

蓋を開けると、こんな感じに。
蓋を閉じるパーツをつけるか迷いましたが、
それほど大きな箱ではないので、中身もぎっしり詰めないだろう、
ということで、飾りリボンだけにしています。
お盆に帰省した際、母が使っていたお針箱が古くなっていたので、
使ってくれたらいいな、と思い、さきほど実家へ送りました。
さて、手芸の大先生である母のおめがねには適うのでしょうか?

P1010526.jpg

ちなみに、緑の箱はずいぶん以前に作っていたもので、
私のお針箱として、活躍してくれています。
厚紙も、蓋や底に使用したスキバル紙も、かなりしっかりしているので、
大変丈夫で重宝しています。

もう少し型紙の取り方や、厚紙のカットの仕方に慣れてきたら、
紙ではなく布箱の作成にも挑戦してみたいなぁ。

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  c_01.gif

スポンサーサイト
17.11.2006
comment:14
trackback:0
見よう見まね
>> カルトナージュ
相変わらず、予約の順番がまわってこないカルトナージュ教室。
仕方がないので、市販の本を見ながら、ボチボチ好きなように作ってます。

今日はネットで頼んでいた、ROSSIの紙が届きました。
ROSSIはイタリアの老舗文具メーカーで、
フィレンツェ柄などの伝統的な柄の紙が多数揃っています。

P1000651.jpg

左から蔦と楽譜の柄、青い紋章、クリスマスのオーナメント。
70×50㎝くらいの大きさです。
箱の中敷や、蓋裏、側面など、ワンポイントに使おうかなと思っています。

P1000653.jpg

昔懐かしい?ソナタの楽譜。
シンプルなので、いろんなものと合わせやすいかな?

P1000657.jpg

P1000654.jpg

不思議の国のアリスと、白雪姫。
可愛いすぎるかしら??
でも、時々はこういう乙女チックも必要ですよね。
この三つは70×100㎝。
かなり大きいので、いろいろな使い方ができそうです。

P1000646.jpg

上に載せたアリスと、濃い青のスキバルテックス(皮風の加工を施した紙)で作った、ホルダーです。
以前自分用に購入したホルダーを真似っ子して作りました。

P1000649.jpg

内側はこんな感じ。
大学院で勉強中の友人へのプレゼントなので、ルーズリーフやプリントがたくさん持ち運べるように、深めのポケットつき。

同じデザインでも、スキバルテックスの色を赤や緑に変えたり、
内側の柄を変えると全く違った印象になります。
そういう柄や色合わせが、今はとっても楽しくて、
出来上がりの美しさは二の次。
まだまだ勉強の余地アリです。
31.07.2006
comment:8
trackback:0
はこ、ハコ、箱
>> カルトナージュ
ct1.jpg


カルトナージュ、完成しました。
初めての挑戦で夢中で作りましたが、
基礎部分の厚紙がぴったりと立体形に仕上がったり、
柄紙がきっちり合わさったりしたときの嬉しさはクセになりそうです。
だいたい、3時間程度で完成しましたが、
型紙から作る場合はもっと気を遣うので、倍くらいかかるのかもしれません。

ct2.jpg

内側はこんな感じ。
蓋は独立型ではなくて、上の表紙部分が下の箱の裏側までくっついています。
すぐ蓋を開けっぱなしにしたり、無くしたりしてしまう私にはぴったりです。


ct4.jpg


蓋の部分のアップ。
この蓋の外側、そして箱の内側(サイドと底)に使った紙は、
スキバル紙といい、その質感はまるで革のようです。
厚紙も柄紙も全てがしっかりしているので、紙でできているとは思えません。

ct3.jpg



この週末で色違いを含め、3つ作ってしまいました。
楽しい!
作った直後に撮影したので、タッセルが安定していませんが、
今はもう少し落ち着いて、いいアクセントになっています。
購入したときは、緑→赤→青の順でいい感じに仕上がるのでは?
と思っていましたが、作った後では、青→赤→緑の順に逆転してしまいました。
それぞれが独立した箱ですが、上の写真みたいに重ねて引き出し風にするのも面白いと思います。
が、私にはそれに改造できるほどの腕がありません。。。

お盆の帰省時に、義母へのお土産にしようと思っているので、
もう少し練習を重ねようと思います。
29.07.2006
comment:2
trackback:0
フライング?
>> カルトナージュ
以前から興味を持っていたカルトナージュ。
近くに教室があるんですが、すぐに予約で埋まってしまい、
なかなか順番が巡ってきません。
というわけで、市販のキットで予習がてら作る事にしまーす。

ctp.jpg

作るのは、蓋付きの小物入れ。
紙以外は、家にあるお道具で代用しつつ作ります。
これが結構、シャドーボックスの材料で代用できるという事が分かり、
ちょっとだけ得した気分。
ちなみに、シャドーボックスは湿気が多い間は、
切った紙が変形しそうなので、涼しくなるまでお休みです。

こういう糊やはさみを使うものって、小学校の「図工」みたいで、
ちょっと楽しいですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。